Rise360に新サービスが登場!

更新日:3月28日

Rise360に新サービスが出ました。Rise360のユーザー様はもちろん、Storylineを使っていて、Riseはまだ使ったことがないというユーザー様もぜひ新サービスを確認してください。


Rise360は、Articulate360に含まれるオーサリングツールです。ブラウザ上で作業ができ、PCだけでなくスマホやタブレットにも適合したコンテンツを簡単に作成できるオーサリングツールです。


その作り方は簡単で、ブロックと呼ばれるコンテンツのサンプルを選択し、中身を置き換えるという操作を繰り返して作っていきます。コーステンプレートも豊富にそろっているので、構成も参考にして作ることができます。


今回、このコーステンプレートに、リアルコンテンツが加わりました。すでにコースとしてできあがっているコンテンツが提供され、それをそのまま使うこともできるようになりました。


Rise360にリアルコンテンツが登場!


今回提供されたリアルコンテンツは200本近くに及びます。すでに完成しているeラーニングコンテンツを自社コンテンツとして使うことができるようになりました。

リーダーシップやマネジメント、マーケティングといった基本的な内容のコンテンツに加え、Adam GrantやDaniel Pinkといったベストセラー作家のコンテンツがそろっている「Next Big Idea Club」のコンテンツも利用できます。


すでに完成していますので、数分で作成して公開することができます。RiseやReviewですぐに共有ができますし、LMS用のSCORMコンテンツとして出力してから、研修コースとしてリリースという運用もできます。Articulate360のユーザーであれば、だれでも作成できるので、自社内のコンテンツの充実に一役買ってみてはいかがでしょうか。


どんなリアルコンテンツがあるのかは、実際のコンテンツを確認してみてください。Articulate360にログインし、ダッシュボードやRiseのサイトから「NEW COURSE」を選択すると一覧が表示されます。


現在は11のカテゴリに分類しています。リーダーシップやセールス&マーケティング、プロフェッショナルスキルなどがあります。リーダーシップの中には、「リモートワークへの移行」「チーム開発の4つの段階」「5つのリーダーシップスタイル」といったリアルコンテンツが掲載されています。


また、レッスンの方では、コースとは違う分類で、リアルコンテンツの章が登録されています。おなじリーダーシップに加え、タイムマネジメント、ストレスマネジメントといった分類があります。


参考までにリアルコンテンツの例をご紹介します。

これは、「Next Big Idea Club」の、「Kate Murphy on the Science of Effective Listening」というコンテンツです。「You‘re Not Listening」の著者であるKate Murphyさんがリスニングスキルについて説明をしています。ちなみに、「You‘re Not Listening」は2021年に「LISTEN」というタイトルで、日本語訳の書籍が販売されていますので、読まれた方もいらっしゃるかと思います。


Riseコンテンツですので、説明文だけでなく、動画やフラッシュカードなども使われていて、インタラクティブなコンテンツになっています。さらに、このコンテンツは編集ができるようになっています。


リアルコンテンツの大きな特徴は次の4点です。

・すぐにコンテンツとしてリリースできる

・インタラクティブな構成になっている

・リアルコンテンツをベースに、カスタマイズができる

・章単位で他のリアルコンテンツの章とキュレーションができる


そのまま公開するだけでもとても魅力的ですが、せっかくですので、自社のニーズに合わせてカスタマイズしていくことにも挑戦してみてはいかがでしょうか。


翻訳支援機能を活用

とても魅力的なリアルコンテンツやテンプレートなのですが、これらは英語での提供となっています。とにかく内容を確認したいが英語が少し苦手という方は、まずはブラウザの翻訳機能を使用して確認いただくとよいかと思います。



また、しっかりと日本語で展開したいという方は、Rise上で直接編集していただいてもよいのですが、多言語支援機能の活用をお勧めします。コンテンツ内容をファイルで出力し、翻訳後、インポートすることで一括変換ができます。翻訳支援機能については次のブログを参考にしてください。

ブログ:Articulate製品の翻訳支援機能


ぜひRise360でeラーニングコンテンツを制作してください。

今回のリアルコンテンツの提供は、これからのコンテンツ制作に大きな示唆を与えてくれていると思います。


従来eラーニングといえば、一つの内容を多くの人に学んでもらうようなスケーリングが重視されていましたが、最近では、個別ニーズの学習にもeラーニングが求められるようになってきています。1から作るのではなく、すでに出来上がっているものに一部追加して作成したり、必要な内容をキュレーションして作成したりすることで、より早くコンテンツを展開することができます。


例えば、リーダーシップの研修を展開する際、若手社員向け、新任リーダー向け、管理職向け、リモートワーク環境でのリーダーシップ、多世代チームのリーダーシップなど、必要とされる内容を対象やタイミングに合わせて展開できるように準備することも可能です。


このような対応が、リアルコンテンツを活用できるRise360であれば実現できるようになってきているのではないでしょうか。


また、Rise360で作成したコンテンツは、マルチデバイスでの学習にも適しています。特に「Next Big Idea Club」のリアルコンテンツは、スマホで隙間時間に学習するにはぴったりの内容です。


これを機会にRise360を使ってコンテンツを制作してみてください。


Rise360やArticulate360にご関心を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。



#Articulate360

#Rise360

#eラーニング