職場での人権問題についてよりオープンに会話する方法

原文「How We Used a TED Talk to Talk More Openly About Race at Work


人種、民族、多様性は多くの人にとって考えさせられる問題です。そして、それらは多くの人々や企業がしばしば背伸びしたり、完全に避けてしまうトピックです。しかし人種やその他のダイバーシティエクイティインクルージョン(DEI)の問題について率直に話し合うことは、単なる良い企業組織と素晴らしい企業組織を区別する重要な手段の1つです。多様で包括的な職場では、多くの場合、収益の伸び率が高く、採用候補者の応募率、社員のリテンション率が高く、また多くのイノベーション、従業員の満足度とプライドが全体的に高くなっています。


だからこそ、人種のトピックを受け入れてオープンにすることを選択したTED@WorkをDegreedと連携できたことを誇りに思っています。TED@Workは、企業環境に独自の体験学習スタイルを吹き込むことを目的としています。この最新の事例は、3月に開催した、促進された、安心感を持ち、正直な社内で行われたワークショップについてです。


Degreed社の従業員のうち50人が、この初めての社内TED@Work for Degreedワークショップにバーチャルで集まりました。DegreedのRaceEQ(Business Resource Groupによる)が会話を主導しました。RaceEQは、過小評価されているマイノリティが懸念を表明できると感じることはめったになく、公平な慣行が広まっていないことを理解していました。グループは、TED@Work for Degreed PreviewにまとめられているMellody Hobson氏の「Color blind or color brave?(人種問題にどう向き合うか?)」を見て探求しました。2020年にフォーブスによって最も強力な女性の1人としてリストされたHobson氏は、実業家としても成功したキャリアを持ち、現在はAriel Investmentsの社長兼共同CEOです。



Hobson氏は、魅力的なTEDトークで、人種について、特に採用時の多様性についてオープンに話すことが、より良いビジネスとより良い社会につながると主張しています。Hobson氏のTEDトークは、440万回以上の視聴回数を記録し、多くの人々の心にインスピレーションを与えてきました。参加したDegreed社の従業員からも好評を博したのも当然です。



安全な空間の形成


このようなインタラクティブなワークショップをサポートするために、TED@Workには、デリケートなトピックについての体験を話した様々なリソースと提案があります。


Hobson氏のTEDトークは、Zoom上で開催された議論の中心として機能しました。皆でTEDトークを見た後、Zoom上でブレイクアウトルームに分かれました。TEDトークの推奨(資料に概説)に基づき、会話をしやすくするためにグループ内の人数を少数に抑えました。


すべての参加者は、TEDから提供されたメモシートMy Idea Logを使いました。さらに、ブレイクアウトグループのすべてのファシリテーターは、グループの会話を促進するためにTEDによって作成された1ページのガイダンス資料を使いました。このリソースは、ファシリテーターが誰も孤立していると感じることがない会話を確立し、導くのに役立ちました。その結果、各参加者が快適に参加できる包括的な環境が実現しました。



ワークショップからの3つのポイント


包括的で多様で安全な企業文化を構築することは、他のスキルを構築することによく似ています。それは意図的に、そして時間をかけて行われなければなりません。おそらく貴社の従業員は彼ら自身のオープンな会話をしたいと思っています。私たちが学んだことがこちらです。


1. 脆弱性を受け入れることから始める

私たちのワークショップでは、一部の参加者は、発言は良い影響よりも悪い影響を及ぼすのではないかと懸念しました。彼らは、意図せずに不快なことや間違ったことを言ってしまった場合、悪い影響を与えてしまうことが怖いと言いました。仲間から「分かってない」と見なされることを恐れていたので、人種についての会話を避ける傾向がありました。


他の参加者は人種についての会話を歓迎しました。人種などのトピックについて学ぶことが、脆弱性を受け入れる時に最も確実であると述べました。彼らは、不快感を抱くかもしれない議論に対してオープンであるように見えました。彼らは耳を傾け、学び、反省し、より良い人間になりたいと思っていました。TEDのメモMy Idea Logを使うと、従業員は自分の考えを書いて定式化し、有意義な議論を行うことができます。


人種についての会話を成功させるには、脆弱性を許容し、同僚や仲間との支援関係を育むよう努めることが不可欠です。味方になるということは、自分の力や特権を使って他の人を元気づけ、社内文化を変えて誰もが公平に扱われるようにし、不快な時でも耳を傾け、発言することを意味します。ミスがあったとしても脆弱性を奨励することは、進歩を遂げるための極めて重要な部分です。後のワークショップで使用するかもしれない、支援関係に関する他の素晴らしいTEDトークもあります。


2. 「color blind」から「color brave」へ

ある参加者グループは、誰もが同じように扱われ、有意義で生産的かつ建設的な議論に参加できるべきであると言いました。このアプローチは、Hobson氏の講演で“color blind(人種の無視)”として説明されています。これは人々が人種を意識しないと主張する時です。これは理論的には素晴らしいように思えるかもしれませんが、疎外された人々のユニークな体験を排除してしまいます。問題を無視してしまうため、危険な行為です。


対照的に、参加者の別のグループは、“color brave(人種を敬う)”というHobson氏の説明に共鳴しました。これは、人種についての率直な会話がお互いの視点や体験をよりよく理解するのに役立ち、包括した労働力を育成する多くの情報に基づいた決定につながるという信念です。このグループは、“color brave(人種を敬う)”ということは、私たち全員の違い(人種、出身国、好きになる性、性別など)を認め、多様性を競争上の優位性と見なすことを意味すると述べています。



“color brave(人種を敬う)”であることは、Hobson氏のTEDトークの中心ポイントであり、そのためビデオが公開されてから何年もたちますが訴求性があります。それは専門的な文脈で創造的な会話を引き起こします。そして、私たちが現在実施している慣行について考えるように導きます。貴社は“color blind(人種の無視)”ですか、それとも“color brave(人種を敬う)”ですか?


3.リーダーシップを含める

多くのワークショップ参加者は、マネージャーと経営幹部が人種についてのより多くの会話を調整し、責任を負うべきであり、議論のための安全なスペースを作る立場にあることに賛同しています。これを行うために、リーダーは、悲しみと苦難の時にだけでなく、すぐに従業員にチェックインすることができます。マネージャーは企業文化を作り上げたり壊すことができ、職場が進化するにつれて企業組織のアプローチを分析し続けることが重要です。


リーダーはどうすればもっとこのようなことを行うことができますか?“color blind(人種の無視)”について話し合って会話を始めてから、“color brave(人種を敬う)”の質問をすることです。人々が最も快適で、より進歩的な理解に向かって穏やかに動ける場所で会話を始めることは効果的です。また、期待するKPIに向かい、従業員をチェックインする必要性を正常化します。


これらはシンプルでありながら効果的なステップであり、リーダーや影響力のある人なら誰でもすぐに採用して行動を起こすことができます。一夜にして企業文化を変えることはできませんが、色彩豊かなアプローチを実践することは、多様な考えやオープンなフィードバックを歓迎するための素晴らしい第一歩です。



次は


Degreedでの人種についての会話とTED@Workでの体験は、いくつかの点で有意義でした。私たちは定期的につながり、お客様にトップクラスのエクスペリエンスを提供できるようにしていますが、お互いにより良い同僚になる方法について話し合うことはめったにありませんでした。私たちは以前、その種のウェビナーに参加したことがありますが、意味のある会話をしたり、大きな影響を与えたりすることはほとんどありませんでした。お互いに遠巻きにしがちな会話をすることによって、私たちのアプローチを変え、“color brave(人種を敬う)”になる時が来ました。


このようなワークショップ体験は今回が初めてだったので、何が期待できるのかわかりませんでした。しかし、ワークショップ終了後、参加者全員がアンケートに参加し、90%がワークショップに非常に満足しており、将来同様のイベントに参加する可能性が高いと回答しました。私たちのTED@Workワークショップは、Degreedで公平な職場を作り続けるために、脆弱性を受け入れ、刺激を受け、やる気を起こさせてくれました。


企業組織の目標が類似している場合は、インタラクティブなワークショップアプローチを試してみてください。同じことが見つかるかもしれません。チームビルディング、ストレス管理、包括的なリーダーシップなどのビジネスクリティカルなスキルをサポートする600以上のTEDトークとTED-Edアニメーションを備えたTED@Work for Degreedを通じて、さらに多くの発見があります。すべてのTEDコンテンツは、Degreed上のスキル分類に対してタグ付けされ、Degreedにネイティブに組み込まれています。


By Christopher Gunn, Director Of Enterprise Sales & RaceEQ Co-Lead

July 7, 2021