• DISCE

eラーニングでイラストと写真をコンビネーションするテクニック

原文「The Art of Combining Illustrations and Photos in E-Learning

イラストと写真が1つのデザインとして美しくミックスしているのを見ると、最終結果も期待通りになるかもしれません。また、両方の画像タイプから素材を選択できると、画像の検索がどれほど簡単になるか嬉しく思うかもしれません。しかし初めて行う場合は、非常に異なるスタイルを洗練されたようにコンビネーションする方法に少し困惑するかもしれません。適切なやり方や戦略が分からない場合、最終的なデザインがコンビネーションせず、違和感のあるモノになる可能性があります。


コンビネーションを機能させるために、何年ものグラフィックデザインの経験が必要なのでしょうか?必ずしもそうではありません!どのアプローチが見栄えがしそうかを知ることが重要なだけです。


eラーニングコースでイラストと写真のコンビネーションの創造的ないくつかのアイデアをチェックしてみましょう。



背景に1つのスタイルを選択し、前面に別のスタイルを選択する


この手法がeラーニングコースで多く使用されているのを見たことがあると思います。そして、その理由を理解するのは難しくありません。


様々な風景写真や画像は、Content Library 360や他の素材サイトで簡単に見つけることができます。また、気に入った写真が見つからない場合は、自分で撮った写真をいつでも使うことできます。いずれにせよ、写真を背景に使用し、前面にイラストキャラクターを追加することで、本当にユニークなデザインを作ることができます。


Samara Reyneke氏による「Moriの旅」は、このコンビネーション手法がシームレスに作品となっているハイライトすべき一つです!背景はすべて写真です。前面のキャラクターやアイテムはすべてイラストです。それだけでなく、イラストのスタイルもすべて同じようなテイストです。プロジェクト全体で一貫性があるため、ランダムな画像スタイルの集まりではなく、意図的なデザインのように見えます。


逆に、背景にイラストを、前面に写真画像を使用することもできます。Molly Fisher氏のGrammar Practice Fill-in-the-Blankの例では、イラストのテレビと実際のビデオ番組の魅力的なコンビネーションを使用しています。



画像フィルターを使用して、イラストのように見せる


写真とイラストのコンビネーションの課題は、どれだけ異なるかに左右されます。しかし、それらを一緒に機能させる方法があったとしたらどうでしょうか?これは、別なフィルターアプリまたは写真編集ソフトの画像フィルターの助けを借りることで可能です。これらのフィルターは、色の簡略化やアウトライン化など、画像のルックアンドフィールを変えることができます。また、これらの変更は写真やイラストに一貫して適用されるため、それらが一緒のモノのように見せることができます。


これがどのように機能するかの良いサンプルは、Tracy Carroll氏のプロジェクトJonathan's Storyです。その中で、彼女はColorcinchと呼ばれるツールを使用して、画像を手描きの漫画のように見せました。このプロジェクトでは写真を使用しているだけですが、これと同じ手法を使用して、様々な画像タイプを組み合わせてまとまりのある外観にする方法に発展できます。



リアルに見えるイラストを使用する


イラストには様々なスタイルがあります。シンプルでデフォルメしているイラストから実際の写真のように見えるイラストまで様々です。そして、このアプローチは、写実的なイラストを利用する手法です。リアルなイラストと写真の背景を組み合わせることで、コースのデザインをシームレスに見せることができます。


このクールな例は、Sarah Hodge氏のHow to Fight a Bearコースです。彼女は写真の代わりにクマの3Dモデルを使用し、学習者がクマを回転させて識別できるインタラクションコースを作成しました。これらのモデルはリアルに見えるようにデザインされているため、写真背景にスムーズに溶け込んでいます。



注釈やアクセントとしてイラストを使用する


スポーツコメンテーターが試合中に動画を停止させてその上にペンで描いてプレーを説明するのを見たことがありますか?そうです、このアプローチはeラーニングでも応用できます。写真がベース画像になり、イラストを使用して追加情報を付け加えます。Preethi Ravisankar氏によるこのX線のサンプルで、このアプローチがどれほど役立つかがわかります。写真の上に表示される役立つイラストは、人の骨格の内部の仕組みを垣間見ることができます。デザインの仕方により、イラストは写真と連動し、違和感がありません。


写真と落書きのようなイラストをコンビネーションさせた、広告、ウェブサイト、本の表紙を見たことがあるかもしれません。この手法は近年人気が高まっており、プロジェクトに親しみやすいミクストメディアの雰囲気を与えることができます。Samuel Apata氏によるこのインタラクションの例で見ることができます。そこでは、手描きのスケッチノートが、トピックを熟考しているように見える写真のキャラクターにうまくコンビネーションしています。



さらに詳しく


これらのアプローチは、写真とイラストをブレンドする際に手始めとして開始するのに適した内容ですが、2つのスタイルを調和させる唯一の方法ではありません。したがって、これを効果的に行う他のデザイン手法にアンテナを広げ、それらがコースデザインに影響を与えるようにしてください。


コースで画像をどのように使用できるかについて、さらにアイデアが必要ですか?これらのリソースを確認してください。


ここで学んだことを試したい方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!


 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#eラーニング

#作成