top of page
  • 執筆者の写真DISCE

2024年はこれまでとは違うやり方で



大きな課題には戦略的な解決策が必要です。新年を迎え、アメリカのボストンからタイのバンコクまで、各企業のラーニング部門が集まってプランニングしていることは間違いありません。彼らは、これからの1年で確実に成果を出したいと考えているのです。


ある時点で、その集まりでの会話はテクノロジーに移り、おそらくラーニングエクスペリエンスプラットフォーム(LXP)のメリットに話題は移るでしょう。例えば、「10年前には導入しなかったのに、今必要なのか?」「LXPはどのように役立つのか?」などです。


L&Dに精通した企業にとって、2024年のLXPはこれまで以上に重要です。


DegreedのSenior Vice President of StrategyであるTodd Tauberによると、『ラーニング部門の人たちは、ますます混迷を深めるラーニングテクノロジー市場をナビゲートしなければならず、しかも厳しい予算の中で、ラーニングを通じてより多くのビジネスインパクトを生み出すというC-Suite、経営層からのプレッシャーがありました。』と、ラーニング部門にとって2023年はまさに嵐のようだったとまとめています。


ますます多くのリーダーが、ビジネスが必要とするスキルを成長させる機会を提供するために、データを活用した学習を望んでいます。


『ラーニングプラットフォームは進化しており、特にLXPは単なるコンテンツ連携統合マシンから、ワークフォースインテリジェンス、タレントインターナルマーケットプレイス、HCMシステム、人材分析につなげるものへと発展しています』とToddは言います。




嵐を乗り切る:エンゲージメント、サポート、インパクト


従業員が必要なときに必要なことを学び、より高い価値を付加できるように、憶測を減らし、質の高いコミュニケーションを増やしながら、従業員の現状を把握し、アップスキリングやリスキリングをより効果的に行う必要があるでしょう。


スキルのギャップを特定し、そのギャップを埋めるために成果に焦点を当てた学習を提供するために、スキルデータを調査したり、取り入れることを検討しているのかもしれません。そして、従業員が手を挙げて「私は新しい機会を得る準備ができている」と言った瞬間に、それが真実であることをラーニング部門に知ってもらい、かつ会社にも準備しておいてほしいのです。


もし貴社が他社と同じなら、マネジャーが世界クラスのチームを作り、リードし、チームのスキルを発掘し、チームの強みを最適化するためのより良い方法を探していることでしょう。コラボレーションを促進するツールや、長所を伸ばし、短所をカバーする最も適切なコンテンツを継続的に配信するソリューションをお望みでしょう。


もしかしたら、従業員の職務準備があなたのToDoリストのトップかもしれません。チームや部署のスキル構築のニーズに合わせて、ビデオ、コース、ポッドキャスト、書籍などを編纂したパスウェイを従業員に簡単に提供できたら素晴らしいと思いませんか?


新年を迎えてこのようなことに思い当たることがあれば、貴社組織にもLXPのニーズがあるはずです。



大局的な目標:貴社LXPの構築


ラーニングテクノロジーはラーニング戦略の中核です。2024年にLXPを優れたソリューションにする力とトレンドは、それを反映しています。詳しく見ていきましょう:


  • Learning in the flow of work(仕事の流れの中での学習) The Josh Bersin CompanyのリサーチディレクターであるNehal Nangia氏によると、仕事中に必要に応じて行われる学習は、どの組織にとっても重要なことです。『適切な学習経験を構築し、将来の重要なスキルを開発することで、学習する組織は労働者の将来の成長の可能性を増幅させることができます。また、従業員が新たに習得したスキルや経験を組織内で成長させる道筋を示すことで、従業員の成長を支援しながら、将来のニーズに対応できる重要な人材を育成することができます。

  • 関連する、迅速な、そして効果的なスキル構築 スキルニーズを予測する古い方法はもう通用しません。Gartner社によると、ビジネスリーダーにはダイナミックなスキル戦略が必要です。これは、スキルの移り変わりを理解し、必要なタイミングでスキルを開発することを意味します。また、従業員と企業がスキル情報を共有するチャネルを構築することで、従業員は企業のニーズに合ったスキルをより正確に開発できるようになります。

  • デジタルトランスフォーメーションのための大規模なアップスキリング PWC社によると、デジタルテクノロジーの習熟に対するニーズは膨大です。『企業の競争力を維持し、社会を安定させ、何百万人もの人々に豊かな生活を提供するためには、大規模なアップスキリングが不可欠です。そしてそれは「学ぶ方法を学ぶ」ことから始まります。』

  • エコシステムの視点 システムがどのように設計されているかによって、ラーニングテクノロジースタックの組み合わせ要素がどの程度うまく機能するか(あるいは機能しないか)が決まります。それは、課題や変化に対するビジネス・事業への準備や、組織が日々どのように機能するかを決定します。オープンラーニングエコシステムは、組織とともに成長し、すでに使用しているツール群をつなげることができます。新たな課題や機会が発生すれば、新しい革新的なツールを追加し、素早く簡単にアクセスできるようになります。



クラス最高のLXP:インテリジェントなワークフォースアクセラレーション


クラス最高のLXPは、学習コンテンツへのフロントドアを提供し、従業員の関心を高め、学習文化を高めるだけではありません。これらはすべて、過去10年間にLXPの人気を後押しした特徴であり、依然として優れたメリットです。しかし、今日、さらに多くのことをLXPは達成することができます。


今日、トップクラスのLXPは、企業のラーニングテクノロジーエコシステムを連携統合し、L&Dが多くのソースから高度にパーソナライズされた、常にアクセスできるラーニングを従業員に提供できるようにします。そうすることで、ラーニング部門および事業部門のリーダーは、洞察に満ちた戦略的なビジネス上の意思決定に役立つ、人材とそのスキルに関する豊富なデータを得ることができます。


連携統合とはどのようなものでしょうか?高品質なLXPは、例えば既存のLMSや他の学習や人材ソリューションを連携統合することができます。ラーニングテクノロジースタックの最上位に位置するLXPは、インタラクションを強化し、自動化をサポートし、コア分析に基づいて学習の洞察を生成し、可視化します。これにより、ラーニング部門リーダーは、今日のビジネス状況での成功に不可欠なタイプのラーニングエクスペリエンスを創造しながら、管理上の無駄を削減することができます。この連携統合は、L&Dチームが使用されていない学習コンテンツを特定し、契約を解除することで、コスト削減につながります。


さらに、優れたLXPは、規模に合わせて適応できるように設計されており、自己管理できる従業員が、オフィスであろうと外出先であろうと、仕事の流れの中で簡単にコンテンツを検索し、素早くアクセスできるようになっています。同様に、優れたLXPはソーシャルラーニングを促進します。LXPは、直感的な機能と特徴によって人々をつなぎます。例えば、DegreedのクライアントであるPointClickCareでは、ラーニング部門のリーダーがスキルデータを使用して、新しい能力の習得に関心のある人々をメンターとマッチングしました。リーダーと従業員のコラボレーションをサポートするDegreed Skill Coachツールは、このような会話を促進するのに役立ちました。



すべてを追加


LXPは、従業員にとって、学習とスキル開発が魅力的で、即効性があり、生産的で、継続的であるような体験をサポートします。


L&Dにとっては、チームメンバーがより効率的に仕事をこなせる場を得ることができます。


Degreedプラットフォームを例にしてみましょう。ユーザーはそれぞれ自分に特化したホームページを持ち、自分のスキルに基づいてパーソナライズされた推奨される学習アイテム(コンテンツ、ストレッチ課題、メンターシップなど)を受け取ります。学習推奨される内容がパーソナライズされればされるほど、各従業員にとってより関連性がありインパクトのあるものとなります。つまり、DegreedのLXPを使用するラーニング部門は、(パーソナライズされた学習レコメンデーションを通じて)インパクトのある学習を(L&Dの手作業なしにホームページ上で自動的に)迅速に、(Degreedプロフィールを持つすべての従業員に)大規模に提供することができます。




C-Suite、経営層をサポートし、ビジネスを前進させます


C-Suite、経営層をサポートし、ビジネス成果に好影響を与えるための重要な学習ニーズを満たすことは、多くの場合、予算が乏しい今、ラーニング部門が直面する今日の中心的な課題です。また、L&Dがサービスを提供する事業部門は、ソリューションにお金を払いたくはないものの、その使用方法には口を出したがるものです。その一方で、L&Dは、統合し、調整し、継続的でコスト効率の高いサポートを提供する責任があります。


『CEOの優先事項を実行するには、ほとんどの場合、社内の人々が新しい、見方、考え方、行動様式を定着させる必要があります。ゴールドマン・サックス社のGlobal Head of Talent and Chief Learning OfficerであるJames Fulton氏は、次のように述べています。『これは、言うは易く行うは難し、です。』



重要なニーズへの対応:より多様な学習


従業員の能力開発から真の価値を得るために、今日の企業は3つのタイプの必要不可欠な学習体験を必要としています。


コアトレーニングは、コンプライアンストレーニングのように、企業が提供しなければならない学習体験と考えることができます。日々の学びは、従業員が望む方法で成長できるようにします。そして、目標に合わせたスキルの向上は、企業が競争力を維持するために提供する必要のあるすべての学習体験を含みます。



クラス最高のLXPは、3つの重要な学習体験すべてにプラスの影響を与えます。LXPはデータを活用し、ラーニングテクノロジーを連携統合することで、企業が必要とするスキルを把握し、従業員が望むスキルを育成し、ビジネス目標を達成するために組織が必要とするスキルを育成します。



詳細はこちら


LXPが従業員の学習と企業の発展にどのように役立つかを詳しく知りたい方は、新しいガイド「LXPを導入するメリット」をダウンロードしてください。


 

By Tom Schultz, January 10, 2024

 

Comentários


bottom of page