top of page
  • 執筆者の写真DISCE

ブレンデッドラーニング戦略におけるeラーニング活用のための4つの新鮮なアイデア

更新日:2023年11月22日

先日のブログで、ブレンデッドラーニングは、eラーニング、インストラクターによるトレーニング、メンタリング、パフォーマンスサポートなどの要素を混ぜ合わせた、スムージーのようなものだと述べましたが、必ずしもeラーニングコースの後にインストラクターによるトレーニングを提供するという意味ではありません。


ここでは、eラーニングの新しい味をスムージーに取り入れるための4つの新鮮なアイデアを詳しく見ていきましょう。



1. 独創的なクイズで学習を継続させる


多くの重要なトレーニングトピック(例えばダイバーシティが思い浮かびます)では、組織の文化を長期的に変化させるための方法として、ブレンデッドラーニングを考えていることでしょう。持続的な学習と変化を難しくしている問題の1つは、人々が古い考え方に戻りやすいということです。そこで、魅力的なクイズが定期的に人々の注意を引き、思考を活性化させるのに役立ちます。


創造的なクイズの例として、このリスク評価クイズとこのシナリオクイズをご覧ください。



2. インタラクティブなインタビューでアイスブレーク


メンターやジョブシャドウイングは、ブレンドラーニングプログラムの一般的な要素です。しかし、メンターとメンティーがお互いを知るための時間を確保するのは難しいものです。そこで、eラーニングを利用して学習者とメンターの間の緊張をほぐし、一緒に過ごす時間をより生産的なものにしませんか?


例えば、メンターにウェブカメラを通じてインタビューを行い、自分自身や所属する組織について重要な質問をすることができます。次に、Articulate Storyline 360のようなオーサリングツールを使って、ここで紹介しているようなインタラクティブなインタビューを作成し、そのビデオを学習者が新しいメンターについて理解するための短くて魅力的なツールにすることができるのです。これはちょっとしたアイスブレーカーになるだけでなく、メンタリング・プログラムに参加する人が絶えない場合には、時間の節約にもなります。



3. 問題解決能力を身につけるために、意思決定シナリオを試す


シナリオベースの学習は、学習者を没頭させ、クリティカルシンキングに挑戦させる強力な方法です。厳しい状況を安全な環境で練習をする機会を学習者に与えるには、意思決定シナリオを与えるのがよいでしょう。意思決定シナリオは、学習者に困難な問題に取り組む機会を与え、その選択の結果を安全に体験させることができます。


Nicole Legault氏による素晴らしいカスタマーサービスシナリオの例で、シナリオベースのプロジェクトを作成するインスピレーションを得てください。



4. 簡単にアクセスできるパフォーマンスサポートコンテンツを提供する


時には、多くの詳細な情報を人々に伝える必要があります。たとえば、新製品のトレーニングです。新製品トレーニングは、製品知識トレーニング、セールスコーチング、パフォーマンスサポートなどの要素を取り入れたブレンディッド戦略に最適で、学習者が完璧なカスタマーエクスペリエンスを提供できるようにします。


このRise 360で作成されたパフォーマンスサポートのデモコンテンツでは、スマートフォンの技術的なスペックを凝縮し、どのデバイスからでも簡単に操作できるクイックリファレンスガイドとして作成しました。このようなものが、新しくトレーニングを受けた販売員にとってどれだけ役に立つか想像できますか?



もっと学ぶ


ブレンデッドラーニング戦略には、さまざまな工夫が凝らされています。ここで取り上げたのはeラーニングに特化したものですが、ブレンデッドラーニングのプログラムには、イノベーションの機会がたくさんあります。


また、ブレンデッドラーニングについてより詳しい情報をお探しの場合は、以下の有用な資料をお見逃しなく。

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page