HCM、LMS、LXPの違い

原文「Planes, Trains, and Automobiles: The Differences Between HCM, LMS, and LXP


デジタルトランスフォーメーションは、この10年間で企業にとって避けられない現実になりました。エンタープライズソフトウェア市場は、DXの現実化により規模と複雑さが大きくなり、ラーニングテクノロジー分野も例外ではありません。


RedThread Researchの最新の調査によると、今日の市場には250を超えるラーニングテクノロジーベンダーが存在しています。ラーニングテクノロジーの中だけでも、新しいカテゴリができ、カテゴリ定義も人により異なっているようです。LMS、LXP、LEP、スキルストラテジー、ナレッジクラウドなどです。しかし、これらの用語は、本当はどういう意味なのでしょうか?


一方、多くのベンダーは、メンタリング、パフォーマンストラッキング、ソーシャルシェアリングなど、過去に学習活動と認められていなかった新しい機能を提供しています。また、以前はラーニングソリューションを提供していなかったHCMシステムが、人事給与、勤怠管理、福利厚生管理とともに「skills clouds」や「skills engines」といった名称の機能を提供しています。


この状況は、経験豊富なITの専門家ですら圧倒される状況です。


この略語だらけの状況を理解する1つの方法は、膨大な数のラーニングテクノロジーソリューションを交通手段に置き換えて考えることです。飛行機、電車、自動車はすべて、A地点からB地点に移動する交通手段ですが、それぞれ異なる方法で移動します。ある旅行に最適な選択肢は、あなたの移動ニーズにより異なります。1つの交通手段がある旅行に対してテクノロジー的に可能だからといって、その手段が正しい選択肢であるとは限りません。交通手段と、HCM、LMS、LXPの違いは同じです。



HCMシステムは飛行機に似ている


飛行機は、国内/国際の都市を行き来します。飛行機は、比較的短い時間で広大な距離を移動するのに非常に効果的です。また強力であるがゆえ、安全に操作するには専門的なトレーニングが必要です。さらに本当の最終目的地には空港がないため、通常は最終目的地に到着するために空港からの車や電車が必要です。


HCMはHuman Capital Managementの略です。最後の単語をもう一度読んでください。HCMは、給与管理、福利厚生管理、勤怠管理、そして場合によってはパフォーマンス管理とコンプライアンストレーニングなどの重要な人事要件を管理するように設計されています。HCMは、スケーラブルな均質的サービスを従業員に提供することで、これらのプロセスを効率的に管理します。空の旅がすべての乗客それぞれを最終目的地に連れて行くように設計されていないのと同様に、HCMは従業員にパーソナライズされたサービスを提供するように設計されていません。