• DISCE

eラーニング制作のプロジェクトマネジメントの5つのヒント

原文「Five Project Management Tips for Creating Online Courses

インストラクショナルデザイナーとして私たちは皆、秩序だった、つつがない、調和のあるeラーニングプロジェクト遂行を目標としています。しかし堅実なプロジェクト計画なしでは、必ずしも達成できるとは限りません。そのため、より多くのインストラクショナルデザイナーがプロジェクトマネジメントスキルを磨いています。

プロジェクトマネジメントに関する書籍を読んだことがない、またはプロジェクトマネージャーだと思ったことがない場合でも心配はいりません。プロジェクトをしっかり管理するために、プロジェクトマネジメントに関する学位や証明書は必要ありません。優れたプロジェクトマネジメントとは、プロジェクトのタスク、期限、目標を推進する際の適切なバランスを見つけることであり、クリエイティブ、イノベーティブなアイデアを奨励することでもあります。

eラーニングプロジェクトでそのバランスをとるのに役立つ5つのヒントを次に示します。

品質の定義


誰もが素晴らしい品質を望んでいますが、素晴らしい品質が何を意味するかを定義する人はほとんどいません。eラーニングプロジェクト開始前に、プロジェクトの要件、目標、成功基準を書面で定義しましょう。そして、すべての利害関係者の品質の定義が同じであることを確認してください。素晴らしいデザインのインターフェースを持つコース?魅力的な内容?関連動画の有無?多くの場合、あなたにとって適切なモノは他の誰かにとって素晴らしいかもしれませんし、逆もまたしかりです。明確な期待と目標を事前に設定すればするほど、後で振り返った時に費やす時間が減ります。


プロジェクトワークフローの概要を説明し、伝える


プロジェクトワークフローでは、プロジェクトのキックオフからクローズまでの主要な断続的なマイルストーンと目標をすべて説明する必要があります。主題分野専門家(SME)のレビュー、設計の見直し、テスト、公開までです。これらの各マイルストーンの開始日、期限、目標を含めて、関係者全員に何が起こっているのか、マイルストーンが満たされるべき期日を明確に理解できるようにします。


担当を分割する


大規模なプロジェクトの場合は、作業タスクを明確な責任者と期限など扱いやすいチャンク(単位)に分割することをお勧めします。誰が何をしているかメンバーに心配させることはありません。


チームに責任を持たせる


チームメンバーの1人が締め切りに間に合わなかったり、効果的に仕事をしなかったりすると、チーム全体に影響がでます。たとえば、設計を期限までに完了しても、主題専門家SMEのレビューが遅れている場合、プロジェクト全体のスケジュールがすぐに遅延してしまう可能性があります。また、他の誰かが責任をカバーしてくれると決して思わないでください。問題が発生した場合は、すぐにチームメンバーに知らせ、プロジェクトを順調に進めるために、約束を守る必要があることを伝えます。


プロジェクトのクローズ


eラーニングコースが公開された時、まわりからの応援が開始されるというような合図があるわけではありません。また、学習者が学習開始できるからといって、プロジェクトが完了したわけではありません。再びチームで集まり、プロジェクトの過程でうまくいったこととうまくいかなかったことを振り返ることが重要です。時間をかけてこれを行うと、本プロジェクトが前プロジェクトよりもうまくいった点を確認できます。そして、チームの成功を祝福しましょう!

この5つの簡単なプロジェクトマネジメントのヒントを参考にすると、プロジェクトがスムーズに実行され、チーム全体がプロジェクトの目標をより理解できるようになります。


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#プロジェクトマネジメント

#インストラクショナルデザイン