top of page
  • 執筆者の写真DISCE

NFLからDegreed:逆境、成功、そして生涯学習


ダニー・ピーブルズが、NFLのワイドレシーバーとして頭角を現し始めた頃、フィールド上で起きた悲惨な事故が彼のアスリート選手としてのキャリアに終止符を打ちました。


『忘れもしません。ESPNでサンデーナイト・フットボールが始まった最初の年でした。』


ノースカロライナ州立大学を卒業し、1989年のドラフト2巡指名でタンパベイ・バッカニアーズに入団したピーブルズは、1991年11月17日、クリーブランド・ブラウンズでライバルのヒューストン・オイラーズと対戦中、ヘルメットとヘルメットのコンタクトで首に過度の衝撃を受け、C3椎骨を骨折、一時的に首から下が麻痺しました。


『私は絶頂期にいました。そしてワンプレーで終わってしまいました。でも、運動能力が回復するとわかってからは、次のステップについてパニックにはなりませんでした。』


ダニーがパニックにならなかったのは、常に学ぶことを第一に考えていたからです。実際、今週私たちは、彼が子供の頃から抱いてきた生涯学習の考え方を決して諦めないことを知りました。私たちDegreedのQ&A集にあるように、この考え方は、L&DやHRテックにおけるダニーの20年近いキャリアを通して、そしてDegreed社のエンタープライズセールスディレクターとして勤務する毎日を通して、ダニーを導いてきたものです。


Degreed:L&Dの世界で働くあなたは、新しいスキルを身につけることの重要性を明らかに理解しています。その認識はどこから生まれたのですか?


ダニー:私は教育者の家系に生まれました。私の母は数学の教師でした。姉も教師です。私の祖父母(母の両親)は大学教授で、祖父は数学の教師で、祖母は英語の教師でした。だから、私は数学と科学が好きなんです。たまたまスポーツが得意だったんです。中学時代のニックネームは「プロフェッサー」でした。


ノースカロライナ州立大学でコンピュータサイエンスの勉強を始めたのですが、当時のコンピュータサイエンスの課題は、メインフレームばかりでした。コンピュータ室には25席ありました。フットボールの練習が終わると、パンチカードやその他の作業をするために、朝の2時か3時まで席を確保するために待たされることもありました。それで「無理だ。こんなことをしていては生きていけない」と思ったのです。


私は生物学を勉強しました。でも結局『生物学の学位なんか取ってどうするんだ』という感じでした。私はいつも論理的で現実的な考え方をする人間でしたが、当時はRaleigh製薬の研究所がすぐ裏庭にあることを知りませんでした。


当時、私のいとこに公認会計事務所アーサー・アンダーセンのパートナーがいました。私たちは話をしました。私は専攻を変え、会計学の学位を取得する決心をしました。アドバイザーの一人が、『あと2クラスで2つ目の学位が取れますよ』と言ってくれたんです。だからNFLのドラフトの準備をしている間に、もう2つ授業を取りました。それくらい、私にとって学校は大事だったんです。ドラフトは期末試験の前夜。翌日、私が試験に現れたとき、会場にいた人たちはビックリしていました。


Degreed:あなたは「たまたま」スポーツが得意だったと言いますが、「たまたま」ではないはずです。プロへの道はどのようなものでしたか?


ダニー:高校を卒業して、いくつかのトップ校から陸上とフットボールの両方でスカウトされました。フットボールよりも陸上の方が得意だったかもしれません。ノースカロライナ州立大学は僕が育った家から7分のところにあるんです。だから僕は大学のファンとして育ったんです。正直なところ、州立大学に入ったのは、「学校に行ってフィールドでプレーすれば、簡単に就職できる」と思ったからです。それが高校を出たときの私のメンタリティーでした。「NFLに入る」なんて考えていませんでしたから。


今は子供たちを指導したり、講演に行ったりしています。子供たちは中学生になると、「NFLに行きたい」と言うんです。私がその年齢の頃は、そんな先入観はありませんでした。もし4巡までにドラフトされなかったら、他の仕事をしようとずっと思っていました。当時のフットボール界では、ドラフト後半の指名で稼げるお金は今とは違いましたから。大学卒業時にはすでに他の仕事のオファーがありました。でも大学4年の時には、1巡後半から2巡前半で指名される可能性があると言われるほど、評価が上がり始めたんです。それで流れが変わりました。


Degreed:あなたは高校でランニングバックとしてプレーしていましたが、大学やプロではそのポジションに十分な体格ではありませんでした。どのようにアジャストしたのですか?


ダニー:もともとランニングバックやディフェンシブバックをやっていましたが、体が大きくないことはわかっていました。当時は足が速ければランニングバックをやっていたんです。だから文字通り、高校3年までほとんどずっとランニングバックをやっていました。しかしレシーバーになることも学ばなければなりませんでした。それは直感的なものではありませんでした。高校3年のときに無理やりコーチにレシーバーに転向させられたんです。その年にキャッチしたパスは15回くらいでした。インターセプトの方が多かったけど。でも、それが不可欠だったんです。


当時はそれを「skilling:スキリング」とは言いませんでしたが、そうしなければならなかったんです。自分のスキルセットを見直す必要がありました。アップスキリングする必要があったのです。どのような分野でも、成功への道には継続的な成長と絶え間ない改善の追求が必要です。たとえそれが簡単なことでなくても、自分に投資する選択をすることです。


私は常に、自分自身を前進させ、関連性を持たせたいと考えてきました。今の役割を担って。営業職は、私にとって学んだスキルでした。子供の頃、資金集めのためにチャリティーの抽選券などを売らなければなりませんでしたが、私は誰にも頼ろうとはしませんでした。しかし、私が営業マンになるなんて、100万年経っても誰も信じなかったでしょう。でも、アップスキリングしたし、自分たちのやっていることを信じているから、今日もうまくいっているんです。


Degreed:あなたの個人的なキャリアの歩みは、L&DリーダーやDegreedの顧客、Degreedの見込み顧客との会話にどのように生かされていますか?


ダニー:私は、顧客のラーニング部門や事業部門のリーダーをコーチとして見ています。私はよく、チームを強化するためにコーチと話しているかのように話をします。見込み客と話すときは、従業員一人ひとりの旅について話すのが好きです。私自身の旅についても話します。


LXPにアクセスできるようになった最初の1年間で、私はそれまでの20年間のプロフェッショナルとしてのキャリアよりも多くのことを学びました。私は常に自分のスキルを磨こうとしています。Degreedのような、スキル構築と継続的な学習のための包括的なソリューションを提供してくれるプラットフォームには本当に感謝しています。個人的なコーチやメンターがすぐそばにいるようなものです。私は現在、生成AIとChat GPTについて多くのことを学んでいます。また、ビジネス開発の観点からも常に最新の情報を入手しています。


見込み客と話すときは、個々の従業員のラーニングジャーニーをどのように改善できるかについて話すのが好きです。キャリアの流動性も高まります。事業部門のリーダーは、確保したい人材を確保することができます。


私にとってLXPの魅力は、たとえばLMSと比較して、その体験にあります。私は、相手にとって何が有益かを考えて、相手と情熱的に話しています。私のデモを見れば、ほとんどの場合、私はその人、従業員、学習者の情熱にデモをしています。


Degreed:あなたは子供たちの指導を楽しんでいるようですが、彼らはしばしばNFLを夢見るとおっしゃっていました。彼ら全員がNFLに行けるわけではありません。他の選択肢について、どのように子供たちに話しますか?


ダニー:私は誰の夢も壊すつもりはありません。私は『時速100マイルで追いかけろ。でもカゴは一つじゃないんだ。プランBとしてではなく、並行して何かを持つ必要があるんだ』といつも言います。


仮に彼らが成功したとして、良い教育を受ければ、自分のこと、財政、そういったことにもっと熱心に取り組めるようになります。私はそのことを指摘しています。


でも一番重要なのは、「私は、君たちが行きたい場所にいたんだよ。でも、たった1回のプレー、たった1回のヒットが、すべてが奪われてしまった。しかし、だからこそ、そこにたどり着いたからといって、そこに留まるとはいうことではないんだよ」ということです。


このメッセージは、私にとって実際に推進力として最もはたらいている部分だと思います。

Commentaires


bottom of page