top of page
  • 執筆者の写真DISCE

生涯学習の文化を築く方法と理由

更新日:2023年11月27日


学びは高校や大学を卒業したら終わりではありません。そして、社会人になっても終わりません。今日の仕事の世界ではスキルの有効期限は短く、キャリアアップのために学び続ける必要があります。


ある調査では、87%の企業が組織内でスキル格差が発生している、または発生する見込みがあると報告しています。従業員と企業側が生涯学習を理解し、受け入れることで、世界中の職場で起こっている急速な変化を乗り切ることができるようになるのです。生涯学習に投資する従業員は、自分のスキルを最新の状態に保ち、雇用の安定を図ることができます。しかし、恩恵を受けるのは従業員だけではありません。長期的な視野に立ってL&Dに投資することで、企業組織は大きなリターンを得ることができるのです。


実際、継続的に学習する文化を支援することは、イノベーションと成長の鍵になります。




ライフロングラーニング(生涯学習)とは何か?


生涯学習は、強要されたカリキュラムやコンプライアンス研修とは異なり、従業員が主体的に取り組むものです。個人的な理由や仕事上の理由から、自ら学習を追求することであり、フォーマル・インフォーマルな教育が含まれます。


生涯学習者は、単にテストに合格するだけでなく、個人的な充実感を得ることを目的としています。自分の興味のあるテーマやスキルについて学び、自分の目標に役立てようとするのです。それは、次のようなことです。

  • 新しいスキルをオンラインで学ぶ。例えば、WebチュートリアルやYouTubeの動画を使って、今までとは異なる種類の料理を作ったり、コンピュータのプログラミングをしたりする

  • フォーマルな継続教育や認定プログラムに参加する

  • 企業側が提供するトレーニングコースを修了する

  • 経験豊富な同僚から業務を通じて学ぶ

  • 大学やその他の学位授与プログラムで学位を取得する


ポジティブな学習文化を作りたいのであれば、何をもって学習とするかについてオープンマインドでいることです。



継続的な学習を最優先する理由


従業員にとって生涯学習が重要であるなら、貴社にとっても重要であるべきです。継続的な学習は、個人的な充足感の源です。情熱や趣味を追求し、自分の興味に合ったスキルを身につけることができれば、従業員は職場で力を発揮し、より積極的に仕事に取り組むようになります。その結果、生活の質が向上し、自らキャリア開発に取り組み、組織内で成長する傾向が強まります。


しかし、それだけではありません。継続的な学習を支援することは、企業としての競争力を高めることにつながります。その方法をご紹介しましょう。


有能で献身的な労働力を構築する


テクノロジーの進歩と、ハイブリッドやリモートワークの新しい常態は、従業員のスキルを常に進化させなければならないことを意味します。従業員の学習を支援することで、彼らは現在の仕事において有能であり、次のステップに備えることができます。さらに、私たちDegreedの調査によると、ポジティブな学習文化を持つ企業は、より熱心で、生産的で、適応力のある従業員を持っています。継続的な学習を企業文化に取り入れることで、より幸福で生産性の高いチームを作りましょう。


採用と定着を高める


生涯学習の文化を創造することは、優秀な人材の確保と維持に役立ちます。リモートワークへのシフトは、仕事の優先順位や習慣を根本的に変えました。企業は、人々がより多くの仕事の機会を自由に追求するようになったため、記録的な離職率を記録しています。


では、人々は理想の企業に対して何を求めているのでしょうか。最近離職した人を対象にしたある調査では、離職理由の上位に「学習と成長の機会がない」が挙げられています。優秀な人材は、プロフェッショナルとしての成長を優先し、自ら成長する機会を与えてくれる企業を求めるのです。



継続的に学習する文化を築く3つの方法


生涯学習は、従業員主導で、個人の興味に焦点を当てたものです。しかし、だからといって企業やL&D部門が影響力を持てないわけではありません。ラーニング部門のリーダーとして、従業員の追求を支援するユニークな機会があり、3つの方法で学習の文化を構築することができます。


1. 正しいプラットフォームで始める


幅広い学習オプションを提供し、従業員がいつでもどこでも学習できるようなラーニングエクスペリエンスプラットフォーム(LXP)に投資しましょう。決められたコースや決まったカリキュラムだけを提供するのではなく、従業員のニーズや興味の範囲に合わせてアクセスできる学習リソースのライブラリーを提供しましょう。すべての従業員が即座に学習できるようにすることで、従業員全体のアップスキリングを加速させ、学習ROIを高めることが,


2. 学習を従業員体験の一部にする


学習が優先事項であっても、従業員は日々の業務に追われ、学習が優先事項から外れてしまうことがあります。学習が日々のワークフローの一部となるようにすることで、従業員が学習を活用しやすくします。

  • 勤務時間内に学習時間を確保することで、勤務時間外の学習時間を確保に苦労しなくなります。ワークライフバランスに負担をかけないようにしましょう。

  • 業績目標だけでなく学習目標も設定するよう従業員に奨励し、従業員の成長を貢献と同じくらいに評価していることを示しましょう。

  • 学習の成果を評価し、報酬を与えましょう。ギフトカードや賞状のような簡単な報酬でも、行動の動機付けになります。

  • 職場で、従業員が集まって協力し合い、互いの学習を支援する時間を設定しましょう。


また、従業員が勤務している間に学習スケジュールを組むことで、学習に対する貴社の献身的な姿勢を示すことができます。


3. パーソナライズされた学習を提供する


学習オプションをニーズや興味に合わせてカスタマイズすることで、従業員のモチベーションを向上させます。ラーニングプラットフォームは、従業員の人材プロファイルを利用して、関連するコースやラーニングパス(学習経路)を提案することができます。また、ラーニングパスを決定するために、従業員に目標を直接尋ねるのも良いアイデアです。よりパーソナライズされた提案を得るために、自分の興味や将来の仕事の目標を共有するように促しましょう。仕事に関連し、従業員の興味に沿ったコンテンツを提供することで、従業員の学習への関心を高めてください。



生涯学習はすべての人に利益をもたらす


従業員のスキルを常に最新の状態に保つことは大きな課題ですが、その課題に正面から取り組むことで、職場が進化し続ける中、貴社は常にビジネスの最先端を走り続けることができるのです。生涯学習者を惹きつけ、彼らが活躍できるような職場を作るために、今すぐ行動を起こしましょう。


Degreedは、重要なアップスキリングとリスキリングをサポートし、熱心で献身的な労働力を確保するための洞察力とツールを提供します。

 

By Degreed, November 10, 2022

 

Коментарі


bottom of page