• DISCE

新モジュール「Degreed Intelligence」~学習戦略とビジネス戦略をつなぐスキルデータ~

更新日:1月6日

原文「Meet Degreed Intelligence: Skill Data that Unites Learning and Business Strategies


ビジネスの環境は進化し続けています。そして従業員も進化しなければなりません。従業員を継続的に育成することは、ディスラプション(混乱)やトランスフォーメーション(変革)に対応するために必要不可欠です。COVID-19やThe Great Resignation(大退職時代)への対応に始まり、スキルのギャップを早急に埋めることまで、L&Dの役割はビジネスの問題を解決する戦略パートナーにシフトしています。


今日の複雑なビジネスの世界では、レジリエンスを重視する必要があります。その結果、すべての企業は、より適切な計画と努力を行うために、従業員のスキルと能力を調べる洗練された方法を必要としています。


問題の解決に役立つビジネスインテリジェンスツールは何年も前から存在しています。それでも、企業は従業員のスキルに関するデータを取得、報告、分析するためにBIツールを使用することはあまりありませんでした。そのため従業員の能力開発を最適化するインテリジェンスと分析の優先順位を下げています。


実際、HR部門やタレント部門のリーダーが、従業員が何ができるかについて明確な感覚を持っていると述べた割合は半分以下です。


そこで登場するのがDegreed Intelligenceです。Degreed Intelligenceは、ラーニング部門のリーダーとHR部門のリーダーがデータ、インテリジェンス、ツールにアクセスして従業員のスキルを視覚化するためのシンプルで迅速に提供するために開発された、最初に市場に登場したソリューションです。最も価値のある財産である従業員に対する新鮮な洞察は、適切な学習を、適切な個人やチームに、適切なタイミングで展開することにより、スキルのギャップを埋めるのに役立ちます。そして、それを行うのにデータサイエンス専攻博士号は必要ありません。


Degreed Intelligenceは、従業員、マネージャー、ラーニング部門リーダーが組織全体で必要なスキルを理解、構築するのに役立つように設計された一連のツールを提供します。これは、スキルの需要と供給を理解し、学習とスキル構築のアクティビティを賢明な意思決定できる洞察に変える費用対効果の高い方法です。


どうやって?それは機械学習を使い、自己レイティング、同僚レイティング、マネージャーレイティング、アセスメント、プロジェクトや職務の経験などのスキルのシグナルをリアルタイムの実用的なインテリジェンスに変換します。


高度なスキル分析によって全体像が明らかになれば、計画を立て、対応でき、より優れた戦略的ビジネスパートナーになる準備が整います。継続的なアップスキリングの状況は?デジタルトランスフォーメーションの状況は?あなたはその状況をすぐに確認できます。ダイバーシティやインクルージョンなどの会社の新しいイニシアチブの状況は?すぐ準備ができます。



適切なタイミングで適切な人々に適切なスキルを


ビジネスリーダーの半数以上(Gartnerによると53%)は、スキルに対する可視性の欠如が、労働力の変革に対する最大の障壁であると述べています。


Degreed Intelligenceを新しいL&Dの原動力として使うことで、従業員の時間を優先し、学習予算を最も重要なビジネス目標に集中させることができます。また、タレント人材をすばやく動員して新しいビジネス機会をつかみ、競合他社をしのぐ可能性が高くなります。McKinsey&Company社によると、タレント人材を効率的に動員する企業は、株主還元率が6倍高いと報告しています。


Degreed Intelligenceを使用してスキルの需要と供給をトラッキングすると、次のことができます。

  • 従業員が持っている、そして必要としているスキルを把握することにより、人材に効率的に投資できます。

  • タレントやラーニングのツールとの連携を通じてデータを標準化できます

  • テクニカルチームのセットアップやメンテナンスなしでも重要な洞察を得ることができます

  • スキルデータを自動的に最新の状態に保つことができます


そして、そのメリットはラーニング部門の範囲を超えます。


ピープルマネージャーは次のことができます。

  • 直感的なツールを使い、従業員を最適な学習リソースやプロジェクトにマッチできます

  • スキルのレイティングとアセスメントを使い、従業員により良いフィードバックを提供できます


従業員は次のことができます。

  • マネージャーを通じて貴重な学習コンテンツ、メンター、体験へとつながる可視性を高めることができます

  • 学習のパーソナライズに役立つ、マネージャーからのガイダンスを受け取ることができます

  • 能力開発を日常の業務の一部にすることができます

  • 自身の専門的な目標を達成するために必要なスキルを理解することができます



L&Dインサイトによる新しい前進


多数のインテリジェンスツールがすでに利用可能です。そして、他のラーニングテクノロジー企業も、企業組織がスキルを理解するのを支援しようとしているのも事実です。Gartnerによると、2023年までに大規模な企業組織の40%が学習分析テクノロジーを導入する予定です。だから私たちDegreedは貴社を一歩先に進む機会を提供します。


Degreed Intelligenceは何が違うのでしょうか?Degreedは、主にスキルデータに基づいて構築されています。特に、プロセス全体を人々が頻繁に行う1つのこと、つまり学習に織り込むことで、スキルの発達状況を定点的に測定・トラッキングすることができます。そしてそれは、従業員が大切にしているキャリアの成長につながります。


Degreedにすでにあった2つのツールは、能力開発活動によってデータを継続的に更新します。Skill Coachは、マネージャーがチームのスキルを発見、構築、評価するための直感的なツールを提供し、その個人に最も重要な能力開発目標を設定でき、学習を促すことができます。Skill Reviewは、機械学習とスキルインサイトを使い、ビジネスに必要なスキル、そのスキルを持っている人、必要としている人、必要としているマネージャーに関するリアルタイムのスキルインテリジェンスを提供します。


私たちDegreedは、データから分析を生成し、アプリ内ダッシュボードレポート、視覚化、洞察として構造化します。


分析業界のリーダー企業であるVisier社とのパートナーシップを通じて、Degreedからスキルデータを取得し、シンプルでインテリジェントなダッシュボードにパッケージ化する新しいアルゴリズムを開発しました。これは、VisierとDegreedの連携以上のものです。これは、Degreedプラットフォームを強化し、データサイエンスから複雑さを取り除く、独自の専用ソフトウェアです。


現在そして将来のスキルを構築したい企業組織のために、Degreedは現在、スキルをモニタリング、展開するための最高のツールと戦略的なアップスキリングを推進するための最高のツールを組み合わせた唯一の統合プラットフォームとなっています。


従業員についてより賢明な決定を下す準​​備はできていますか?詳細はお問い合わせください。


 

By Jennifer Jones, Director, Product Marketing

November 10, 2021

 

#DegreedIntelligence

#スキル

#スキルデータ

#スキル分析

#スキルアナリティックス