• DISCE

デザインの良くないeラーニングを改善する6つの方法

原文「6 Ways to Save a Bad E-Learning Design


上司がある朝、あなたの机にやって来て、下のサンプルのような、これまでに見た中で最もデザインが良くないeラーニングコースを見せ、「このコースを新入社員のために作り直してください!」と言われた状況を想像してみてください。


軽いパニックが生じ、手のひらに汗をかいてしまいます。何をすべきでしょうか?コースはなかなかに酷い有様です。すばやく改善するためにできることは何でしょうか?

もしグラフィックデザインが悪いeラーニングコースを手にした場合は、次の6つの手順ですぐに改善しましょう。


良くない画像を取り除く


最初のステップは、低画質、ぼやけた、酷い画像を取り除くことです。悪い画像ほど、悪い要素はありません。これは写真やグラフィックだけではありません。質の悪いビデオやオーディオも学習者の集中力をそらし、品質基準に達していないものは取り除くべきです。また見栄えそのものは良いけれども、主題とマッチしていない画像も取り除くべきです。

このサンプルコースのテーマは、出張旅行時の安全についてです。最初の男性キャラクターは、カジュアルなゴルフシャツで「ビジネス旅行」と言えないので、より適切な服装のキャラクターと置き換えました。また、それほど画質の良くない背景グラフィックを削除し、空港の鮮明な写真に置き換えました。

(参考記事:Your Ultimate Guide to Choosing Graphics for E-LearningHow to Choose Backgrounds for E-Learning

まだステップ1だけの状態ですが、すでに大きく改善されています!

テキストを合理化する


楽しく創造的な非常に多くのフォントがあるので、1つのコースで3つ以上のフォントを使いたくなる場合があります。しかしあまり多くフォントを使用してしまうと、視覚的なまとまりを損ないます。プロジェクト内では1~2つのフォントに絞ることをお勧めします。さらに、テキストを目立たせて読みやすくするフォントサイズや色にする必要があります。

このサンプルでは、最も使い古されているカジュアルなComic Sansフォントをやめて、タイトルには太字のBebasフォント、また本文にはシンプルで読みやすいOpen Sansフォントに置き換えました。また、テキストの色とフォントサイズをより適切に調整しました。(参考記事:eラーニングに使用するフォントを選択する時の5つの質問My 4 Favorite Free Fonts for E-Learning

テキスト内容を修正する


用語や文法の誤りも学習者の注意をそらすので、コースのテキスト内容をチェックして、テキストを調整して不要な文字や文を修正します。

また用語の不一致に注意する必要があります。上記サンプルのテキストではeラーニングコースを「eラーニングモジュール」「コース」「レッスン」とばらばらに呼称しています。また「続行する準備ができたら[Next]ボタンをクリックしてください」と書かれていますが、ボタンには[Next]ではなく[Continue]と表示されており、矛盾しています。

テキスト内容を洗練し、間違いや矛盾を取り除き、読みやすさと学習者への魅力を大幅に改善しました。(参考記事:How to Remove Redundant E-Learning Course TextTop Writing Tips for E-Learning

ガイドとグリッドを使用する


ガイドとグリッドは、均等に配置するのに役立ちます。またスライド上のアイテムの周囲に余白を確保し、すっきりと見せることができます。

このサンプルでは、ガイドとグリッドを適用し、アイテムがきれいに均等に配置されるようにしました。(参考記事:Use Grids to Improve Your E-Learning Designs

配色にメリハリをつける


配色の変更は、スライドやコースの外観を調整するもう1つの簡単な方法です。色は気分やトーンを表現でき、特定の色はある業界や主題に適しています。(参考記事:5 Ways to Choose Color Palettes for E-LearningThe Color Effect: How Your Palette Affects Learners

このサンプルでは、テキストの背後の長方形を白から薄いグレーに変更し、背景の空港の画像が透けて見えるように透明効果を加えました。また[Continue]ボタンとタイトルをポップな赤にしました。なぜ赤を選んだかというと、スライドの既存の配色を補完し、キャラクターのピンクのシャツとケンカしないからです。

リンク切れを修正


コースのルックアンドフィール(見栄え)とテキスト内容を修正している時に、すべてのボタンとナビゲーションアイテムを確認して、リンク切れやおかしいところがないかを確認してください。潜在的な問題を見つけるためにも、コースのすべてのリンク箇所をクリックしてください。

以上の6つの点で修正すると、良くなかったeラーニングデザインを許容できるものに変わります。(ひょっとしたら素晴らしいものになったかもしれません!)

修正前後をご覧ください。

修正前

修正後


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成