top of page
  • 執筆者の写真DISCE

パーソナライゼーションの原則:学習者に話しかける


誰もが次のようなことを経験したことがあるはずです。もう一度読み直したり、取り組みなおしたり、見直したりと、同じことを何度も繰り返してしまいます。もしかしたら、ただ集中できていないのかもしれません。あるいは、別の理由があるのかもしれません。


eラーニングを含め、ノンフィクションのテキストや情報教材の大半は、フォーマルなスタイルで書かれています。なぜなら、学校でそうやって書くように教えられているからです。


Ruth Clark氏とRichard Mayer氏は、著書『E-Learning and the Science of Instruction』の中で、人は会話をしているときにこそ、何かを理解しようと努力することを示唆しています。私たちの脳は、社会的な要素が混ざると、より注意を払うように仕組まれているようです。二人はこれを「パーソナライゼーションの原則」と呼んでいます。要するに、会話の多い文体を好み、eラーニングコースにバーチャルなコーチを組み込むことで、学習者がより注意を払い、学んだことをより多く保持できるようになるということです。


Clark氏とMayer氏は、eラーニングコースにパーソナライゼーションの原則を適用するための、簡単で手軽な方法をいくつか提案しています。



一人称や二人称を使う(「私たち」や「あなた」)


次の例のように、対象をあいまいにするのではなく「私たち」や「あなた」に置き換えることで、簡単にフォーマルからインフォーマルな文章にすることができます。

  • フォーマル:運動時、筋肉により多くのエネルギーと酸素を供給するために心拍数は増加する。

  • インフォーマル:私たちは運動すると、筋肉により多くのエネルギーと酸素を供給するために心拍数が上がります。


この小さな変化がどんな違いを生むか、信じられますか?最初の例は、乾燥した学術的なものに聞こえますが、2番目の例は、より親しみやすいものに感じられます。



学習者に質問したり、直接コメントする


コースをより会話に近いものにするもう一つの方法は、学習者に個人的に話しかけることです。例えば、いきなり説明に入るのではなく、次のような言葉から始めます。「ご存知でしたか?」や「それでは、...を見てみましょう」といった具合です。



直接的な表現よりも丁寧な表現を優先する


ある研究の結果、直接的な言葉ではなく、丁寧な言葉を使うと、学習者のパフォーマンスが上がることがわかりました。これは、特に、テーマに関する予備知識が少ない学習者に当てはまることがわかりました。次回のeラーニングコースの制作で質問に対するフィードバックを書くときには、このことを念頭に置いておくとよいでしょう。「残念ながら不正解です。再度挑戦してください。」と言う代わりに、「残念ながら不正解です。もう1度試してみませんか?」と励ますことができます。



ナレーションに人の声を使う


音声合成ツールを使って、コースのナレーション音声を作りたいと思うかもしれません。音声合成を使えば、ナレーション音声の作成、修正、メンテナンスが非常に速く、簡単になります。しかし、Clark氏とMayer氏の研究によると、人は機械で生成された声ではなく、人間の声を聞いた方がよりよく学べることが分かっています。ですから、音声合成ナレーションの利用を検討する際には、それがコースの効果にどのような影響を与えるかについて必ず考えてください。



ビジュアルナレーターを入れる


Clark氏とMayer氏は、ビジュアルナレーターを加えることで、人と人との対話をシミュレートし、学習者のエンゲージメントを高めることも提案しています。これは、話している人の姿をイメージできる学習者は、まるで誰かと会話しているかのように、より親近感を覚えるというものです。学習者はナレーターをガイドのような存在として認識し、学習プロセスにおいて孤立感を感じず、より快適に過ごすことができるのです。


パーソナライゼーションは学習者のエンゲージメントを高める非常に効果的な手法ですが、やり過ぎには注意が必要です。『優れたインストラクショナルデザインとは、学習者のソーシャル的な存在感を高めるために、適切な量のソーシャル要素を加えることであり、学習者の気が散ってしまうような量を加えることではない』と、二人は著書で述べています。


Clark氏とMayer氏の原則についてもっと知りたいですか?以下の記事もご覧ください。

 ※ 随時公開

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page