top of page
  • 執筆者の写真DISCE

マルチメディアの原理:グラフィックを加えることで学習効果を高める

多くのインストラクショナルデザイナーは、eラーニングコースを作成する際に、研究ベースの原則よりも、技術的な能力や直感的な信念に依存しがちです。自分の技術や直感に従うのは自然なことですが、それが正しい方向へ導いていると確信するにはどうしたらよいでしょうか?例えば「グラフィックは学習効果を高めるか」というテーマです。おそらく、あなたは本能的に、人は言葉だけよりも言葉とグラフィックの組み合わせでよりよく学ぶことができると感じているのではないでしょうか。Mayer氏とClark氏が『E-Learning and the Science of Instruction』という本の中で示した証拠は、あなたの意見と同じかもしれません!


Mayer氏とClark氏によると、イラスト、写真、チャート、グラフ、地図、アニメーション、ビデオなど、言葉とグラフィックを組み合わせたマルチメディアレッスンを受けた学習者は、テキストだけで同じコースを受けた学習者に比べて89%も成績が良かったそうです。


テキストだけのスライドを廃止する良い理由のように聞こえますね?しかし、それは「イエス」でもあり「ノー」でもあります。画面いっぱいにグラフィックを配置する前に、学習において、すべてのグラフィックが同じように効果的であるわけではないことに注意する必要があります。ここでは、どのような種類のグラフィックが学習効果を高めるのか、詳しく見ていきましょう。



学習効果を高めるグラフィック


学習効果を高めるためにコースにグラフィックを追加したい場合は、概念間の関係を示すビジュアル、教材をカテゴリーに整理するビジュアル、時間経過による変化を示すビジュアル、抽象的な概念を具体的な図にするビジュアルに焦点を当てる必要があります。これには、表、グラフ、地図、タイムラプス、ビデオ、アニメーションが含まれます。たとえば、通信ネットワークの機能について学ぶコースを作成する場合、学習者がそのプロセスを視覚化できるように、以下のような図を作成することになるでしょう。


学習者の理解を助けるグラフィックの具体例については、こちらの記事「学習にグラフィックを活用する7つの方法」もご覧ください。



学習効果を上げないグラフィック


装飾的なグラフィックが学習者が教材をより理解するのに役立つとは限らないということは、誰もが驚くことではないと思います。しかし、必ずしも学習効果が高くなくても、装飾的なグラフィックを取り入れることで、学習者がコースをより楽しめるようになったという報告もあり、装飾的なグラフィックにまったく価値がないわけではありません。


また、たとえコースの内容に関連するものであっても、あるオブジェクトを描写するグラフィック(具象的グラフィック)についても、同様のことが言えます。例えば、インフルエンザワクチンに関するコースを作成する際に、注射器の写真を掲載したとします。この画像はトピックに関連しているため関連性はありますが、実際には学習者が教材をより理解するのに役立つものではありません。



まとめ


学習成果に本当に影響を与えるのは、単に見栄えをよくするのではなく、学習者の理解を深めたり、教材を整理したりするのに役立つグラフィックだけです。学習者は適切にグラフィックを使用することで、その良さを実感するので、そうでないグラフィックを排除する必要はありませんが、学習プロセスに寄与していないことを認識することが重要です。


マルチメディアの原則や、その他のeラーニングデザインに関するエビデンスに基づくガイドラインについてもっと知りたい方は、『E-Learning and the Science of Instruction』を手に取ってみてください。


この本で紹介されている他の重要なポイントについて、以下の記事で要約しています。  ※ 随時公開

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page