top of page
  • 執筆者の写真DISCE

一貫性の原則:より良い学習のためにより少なく

eラーニングコースに取り組んでいて、「この退屈なトピックにアクセントを加えるために、面白い要素や娯楽的な要素を加えるべきかも」と思ったことはないでしょうか。あるいは、SME(Subject Matter Expert:分野専門家)が、あらゆる情報が重要であると確信していて、余計なものを削ることが許されないことに遭遇したことがあるかもしれません。いずれにせよ、結果は同じです。コースには、必ずしも学習目標をサポートしない内容が含まれているのです。


しかし、Ruth Clark氏とRichard Mayer氏が著書『E-Learning and the Science of Instruction』で示した証拠によれば、余計な情報は学習に悪影響を及ぼす可能性があります。詳しく見ていきましょう。



学習に関して「少ないことは良いこと」である理由


Clark氏とMayer氏の研究によると、学習者を楽しませるため、あるいは「知っておくとよい」な情報を提供するために、テキスト、グラフィックス、効果音などの内容を追加すると、かえって学習しづらくなることが分かっています。それは、不必要な内容があるためです。

  • 重要なメッセージから学習者の注意を逸らさせ、より興味深いけれども重要度の低い情報へと向かわせるため、学習者がコアとなる内容を記憶する可能性が低くなるため。

  • 重要なメッセージ間のつながりが分断され、学習者がメッセージをつなぎ合わせて全体像を理解することが難しくなるため。

  • 学習者の集中力が散漫になり、重要なメッセージではなく、余計な情報を理解しようとするため。


基本的に、コースの目的をサポートしない情報は、それがどんなに興味深いものであっても、コアコンテンツから遠ざかり、学習成果を低下させることにつながるのです。



その他のリソース


まとめると「少ないことは多いこと」なのです。不必要なメディアを追加すると、学習の妨げになるので、設計には慎重を期しましょう。不必要な装飾でコースを彩る誘惑に負けず、学習者がキーポイントに集中できるよう、「知っておくとよい」情報は必ず排除しましょう。


eラーニングデザインのためのエビデンスに基づくベストプラクティスをさらに深く知りたい方は、このブログのきっかけとなった、Ruth Clark氏とRichard Mayer氏の著作「E-Learning and the Science of Instruction」をぜひご覧ください。


Clark氏とMayer氏の原則についてもっと知りたいですか?以下の記事もご覧ください。

 ※ 随時公開

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Kommentare


bottom of page