Skill Reviewデータの活用

原文「Behold the Power! Harnessing Skill Review Data


スキルギャップは現実です。事実、PwCの「Talent Trends 2019」によると、世界中のCEOの79%が、自組織チームが将来に必要なスキルを持っていないことを懸念しています。そして、PWCの調査の最も重要なポイントは、人に関連する分析を改善する必要があるということでした。


データドリブン型のスキル評価は、経営層が公平で正確に従業員のスキルギャップに対処するために必要な洞察を提供できます。Degreedの新しいスキルレーティングおよびスキルレビュー機能は、従業員が持つスキル、必要なスキル、そしてそれらのスキルがビジネスの役割と機会にどのように適合するかの人材データを企業組織に提供します。


Degreedの顧客企業がスキルを効果的に評価できるように、Degreedは拡張されたスキル評価ツールを提供しています。つまり、スキルレベルを推測するために経験や教育などの時代遅れの方法に頼る必要がなくなりました。マネージャーは、自分の条件で正確なスキル評価をすばやく簡単に収集できるようになりました。



スキルレーティングの開始


企業が従業員のスキルを効果的に定量化できる場合、この情報は学習管理戦略、タレント管理戦略、人材管理戦略の共通の情報として使用できます。ただし、これには標準化された測定テクノロジーが必要です。このテクノロジーは幅広いスキルに適用でき、一貫性があり理解しやすい結果を生み出すことができます。この戦略では、費用対効果が高く、使いやすいツールを同時に利用する必要があります。これらのアイデアは、Degreedの新しいスキルレーティングシステムの基盤です。


顧客企業は従業員の育成にDegreedを日々使用することで、何百万もの自己およびマネージャーのスキル評価のデータを収集しています。ユーザーがDegreedを使用すると、システムはユーザーに自分自身を評価するように促し、ユーザーが既に持っているスキルと能力開発したいスキルのベンチマークを設定します。そのデータを使用して、プラットフォームは計画の作成、学習機会の推奨、進捗の追跡をサポートします。


Degreedは、毎週55,000を超える新しいスキルレーティングデータを獲得しており、2019年初めと比較しても、275%のレーティングデータを獲得しています。これらのレーティングは、特別なプログラム、特別な取り組み、特別な管理者の働きかけなしで収集されました。従業員は自ら取り組んでおり、自分の努力を認識してもらいたいと思っているのです。


個人レベルでは、スキル評価により、進捗状況の測定、簡単なベンチマークの作成、能力開発計画の作成が可能になります。また自己評価およびマネージャー評価が集められると、組織全体のスキルの傾向を識別でき、採用の意志決定に必要な情報を取得できます。また、Degreedプラットフォームをさらにインテリジェントに深化させるために、新しいスキルレーティングシステムは、マシンラーニングアルゴリズムと互換性があるように作成されています。


ただし、スキルの評価にはいくつかの制限があります。簡単なユーザーインターフェイスと豊富なユースケースを備えたこれは、すばらしい日常的なツールですが、さらに深く掘り下げたい場合もあります。