• DISCE

スキルライフサイクルPart3:キュレーションは新しい創造

最終更新: 2019年12月26日

原文「The Skills Lifecycle Part 3: Curation is the new Creation


人類は誕生以来、太陽、月、星の謎を探求し続けていました。初期のメソポタミア人は、世界を平らな浮いた円盤として捉えていました。他の古代文明では、山やジッグラトのような層状の寺院が地球の中心と想像していました。そして新しい計算・測定方法が地球を球体として認識し、最終的に宇宙が確認されました。


新しい方法論は、世界の見方を変える可能性があります。私たちを前進させ、より良くするように促すことができます。ジョンFケネディの月への呼びかけは、1960年代の科学界を促進しました。その後、Degreedの共同創立者のDavid Blakeに新しい見方で教育にアプローチするよう影響を与えました。Degreedは、ジョンFケネディの精神を受け継ぎ、JFKの象徴的なサングラスをロゴとして使用しました。


私たちは今後10年の間に月へ到達し、そして更なる次の取り組みを行うことを選択しました。それは、それらが容易だからではなく、困難だからであり、その目標が、私たちの熱意と技術の最高度を組織しそれを測ることに役立つからです。

 ~ 1962年9月12日のジョンF.ケネディ大統領のライス大学での演説 ~



同様に、スキルライフサイクルは、従業員のアップスキルのための新しいアプローチにより、HRリーダーに光をもたらします。スキルライフサイクルには4つのステップが含まれます。

  • アラインメント(調整)

  • ベンチマーク

  • キュレーション

  • 能力開発


アラインメント(調整)中に、HRは経営層の優先順位を明らかにするため、L&Dがトレーニングプランを展開するための足掛かりにすることができます。次に、HRは従業員にスキルのベンチマークとプロファイルを作成するツールを提供し、従業員に専門知識を示す方法を提供します。


最初の2つのフェーズの後、会社の経営層と従業員がコミュニケーションします。彼らは目標を共有し、スキルを測定します。戦略とデータを武器に、HRが対応します。そしてスキルライフサイクルの3番目のフェーズであるキュレーションに入ります。


Curation is Queen


1996年、ビル・ゲイツは「Content is King」というエッセイを発表しました。ゲイツはJFKと同様に、インターネットが情報の主要な市場として機能し、さまざまな媒体で利用でき、クリエイターに収益をもたらす新しい未来を構想しました。


時間が経つにつれて、インターネット上の情報の幅は膨大になり、それが魅力的になります。

 ~ 1996年 ビル・ゲイツ著「Content is King」より ~


インターネット人気が高まるにつれて、コンテンツは至る所にあるようになりました。ブログ、YouTubeビデオ、Flickrの写真、ツイート、ミーム、ポッドキャスト。2020年までに、地球上の人々が、1秒あたり1.7MBのデータを生成すると推定されています。このデータは、クリエイターとマーケティング担当者にとって課題を与えます。


HRも同じ難問に直面しました。ひとつの会社が持つ範囲とリソースを持つチームは、インターネットとどのように競争できるのでしょうか? Bersin社の「High-Impact Learning Organization」の調査結果は、従業員の学習が、コンテンツの不足ではなく、多すぎるコンテンツによって妨げられていることを示しています。


フィルターをかけない状態にしておくと、ゲイツの構想したインターネットのユートピアは、説得力があるというよりも脅威にもなります。この問題により、L&Dの専門家は「作る」という考え方から「キュレーション」するという考え方に変わりました。



Why Curate?


キュレーションは、バズワードや流行以上に、HRチームが不本意な終わりを回避するための重要な戦術になります。


PwCの「22nd Annual Global CEO Survey」によると、企業経営層は経済的および地政学的な不確実性の緊張を感じています。経営層の77%は、収益の成長を促進するために「運用効率」への転換を計画しています。言い換えると、予算削減、レイオフ、より少ないリソースでより多くのことを実行するということです。


デロイトの「2019 Global Human Capital Trends」は、同様のパターンについて警告しています。HRの専門家は、デジタルトランスフォーメーションを支援しなければなりません。HRが支援する従業員のために、そして自部門で支援しなければなりません。平均すると、1時間のeラーニングコンテンツの開発には30,000ドルかかります。しかし既存のコンテンツをキュレーションすることにより、L&Dチームは減少するリソースをより効果的に使用できるようになります。コンテンツ作成の時間と費用のかかる作業から、キュレーションの効率的な実践に移行できます。キュレーションもテクノロジーによってますます加速されます。

キュレーションはスケールも可能にします。デジタルラーニングコンソーシアム(DLC)は、L&D分野におけるオピニオンリーダーの集まりです。グループの「2018 Voice of the Learner Survey Report」では、学習者には学習したい様々な方法があることがわかりました。約20%がジャストインタイム学習にビデオを好んでいます。グループでのピアインタラクション(協調学習)が学習を改善することに70%が同意する一方で、58%はあまりインタラクションを望んでおらず、自己学習型オンラインコースを好みます。リストには、時刻、場所、タスクが含まれます。キュレーションするということは、学習の好みを満たすためにその好みに合わせてコンテンツ制作会社に制作を依頼する必要がないことを意味します。


Degreedもキュレーションについて話し続けています。キュレーションカルチャーへの移行を始めたばかりの企業の場合は、キュレーションとは何か、それが重要である理由、開始方法、社内の専門家がどのように支援できるかについて詳しく学ぶ必要があります。


Curation 2.0:キャリア中心のキュレーション


キュレーションカルチャーがより進んでいる企業のために、Degreedはコンテンツを超えた新しい種類のキュレーションを導入します。Curation 2.0は、キュレーションの考え方をL&Dを超えて、採用、人材管理、能力開発の考え方にまで拡張します。そして覚えておいてください、新しいHRでは、これらすべての機能はますますアラインメント(調整)され、ビジネスニーズと歩調を合わせていきます。


Curation 2.0は、キャリア中心のキュレーションに焦点を当てています。企業は従業員のための機会をキュレーションしなければなりません。また、DLCレポートにより、現在および将来の役割に明確なリンクがある場合、従業員は新しいスキルを学ぶ意欲が高いことがわかりました。キャリア関連の目標設定を従業員の経験の明確な一部にするテクノロジーの採用を検討してください。独自の従業員スキルベンチマークデータや、最新のコンピテンシーフレームワークを使用して、様々なポジションに関連するスキルを明確にします。


従業員のための機会がキュレーションされると、企業は専門知識のコレクションを得ることができます。グローバルエグゼクティブの大半は、今後5年以内に従業員の4分の1を再教育する必要があると考えています。L&Dとタレントマネジメントが適切にアラインメント(調整)されていれば、組織に必要なスキルをブロードキャストし、将来のスキルアップのために精選されたラーニングエコシステムを提供することで、大規模な再トレーニングを最適化できます。


Degreedは、キュレーショントランスフォーメーションを可能にします。サングラスを着用して、スキルの専門家を見つけてください。



By Jessi Roesch, July 23, 2019


#デジタルトランスフォーメーション

#DX

#キャリア

#ストラテジー

#スキルライフサイクル

#スキルギャップ