スキルライフサイクルPart3:キュレーションは新しい創造

更新日:2019年12月26日

原文「The Skills Lifecycle Part 3: Curation is the new Creation


人類は誕生以来、太陽、月、星の謎を探求し続けていました。初期のメソポタミア人は、世界を平らな浮いた円盤として捉えていました。他の古代文明では、山やジッグラトのような層状の寺院が地球の中心と想像していました。そして新しい計算・測定方法が地球を球体として認識し、最終的に宇宙が確認されました。


新しい方法論は、世界の見方を変える可能性があります。私たちを前進させ、より良くするように促すことができます。ジョンFケネディの月への呼びかけは、1960年代の科学界を促進しました。その後、Degreedの共同創立者のDavid Blakeに新しい見方で教育にアプローチするよう影響を与えました。Degreedは、ジョンFケネディの精神を受け継ぎ、JFKの象徴的なサングラスをロゴとして使用しました。


私たちは今後10年の間に月へ到達し、そして更なる次の取り組みを行うことを選択しました。それは、それらが容易だからではなく、困難だからであり、その目標が、私たちの熱意と技術の最高度を組織しそれを測ることに役立つからです。

 ~ 1962年9月12日のジョンF.ケネディ大統領のライス大学での演説 ~



同様に、スキルライフサイクルは、従業員のアップスキルのための新しいアプローチにより、HRリーダーに光をもたらします。スキルライフサイクルには4つのステップが含まれます。

  • アラインメント(調整)

  • ベンチマーク

  • キュレーション

  • 能力開発


アラインメント(調整)中に、HRは経営層の優先順位を明らかにするため、L&Dがトレーニングプランを展開するための足掛かりにすることができます。次に、HRは従業員にスキルのベンチマークとプロファイルを作成するツールを提供し、従業員に専門知識を示す方法を提供します。


最初の2つのフェーズの後、会社の経営層と従業員がコミュニケーションします。彼らは目標を共有し、スキルを測定します。戦略とデータを武器に、HRが対応します。そしてスキルライフサイクルの3番目のフェーズであるキュレーションに入ります。