• DISCE

eラーニングコースのコンテンツをモバイルフレンドリーにするための4つのヒント

原文「4 Tips For Making Your E-Learning Course Content Mobile-Friendly

モバイルeラーニングコースの作成には、デバイスの互換性以上に考慮すべきことがあります。コンテンツの互換性について考えたことはありますか?人は自分のスマートフォンで何をしますか?メッセージを送信したり、Instagramの写真を見たり、ポケモンを捕まえようとします。これらの活動にはどのような共通点がありますか?それらの活動は楽しく、魅力的で、持続的な集中力を必要としません。同じようにモバイルコースの設計に取り組みませんか?ここでは、モバイルコースが確実に目標を達成するためのヒントをいくつか紹介します。



1. 学習者のモバイルニーズを理解する


eラーニングプロジェクトの開始時に、オーディエンスニーズの分析を行いますよね?では、モバイル固有の質問をいくつか組み合わせて、オーディエンスがどの程度「モバイル」であり、モバイル環境がユニークであるかをよりよく理解してみましょう。


次のような質問をします。

  • なぜ学習者は「モバイル」なのか?

  • 学習者はパソコンにアクセスできないのか?

  • 学習者はオフィスから遠く離れて住んでいるのか?

  • 学習者は仕事のために通勤に多くの時間を費やしているのか?

  • 学習者のほとんどがスマートフォンやタブレットを使用しているのか?

学習者の環境とその特定のニーズを理解したら、モバイル向けのコースの構築を中止し、モバイル学習者向けのコースの構築を開始します。



2. 学習者の注意を引く


学習者がモバイルデバイスでコースにアクセスしている場合は、外出中の可能性があります。学習者は運動している、友人を待っている、通勤している、または他の多くの可能性があります。外出中は、気を散らすものがいたるところにあります。したがって、学習者の注意を引き、それを維持したい場合は、それのために戦わなければなりません。考えさせられる質問をしたり、驚くべき事実や統計を提示したりして、好奇心をそそらなければなりません。


また、本当にインパクトを与えたい場合は、Rise 360を使って、モバイル向けにすでに最適化されている人目を引く魅力的なコースを作成してみてください。



3. 短くて簡潔にする


モバイル学習者は時間に追われているため、メッセージをすばやく伝える必要があります。


1つの長いコースを作成する代わりに、コースをバイト(一口)サイズのチャンク(まとまり)に分割してみてください。そうすれば、学習者はバイトサイズの各コースを最初から最後まで一気に完了することができます。そしてモバイルコース毎に2〜5分間にします。


コンテンツの切り出しに問題がある場合は、腰を据えてコースの目的について考えてください。ここで、各ポイントを確認し、「学習者は、学習目標を達成するためにこれを知る必要があるのか?」と自問してください。一部のコンテンツが「知っておくとよいこと」な場合はそれを省いて、コースの最後に深く掘り下げたい学習者向けの追加リソースとして提供しましょう。「知っておくべきこと」と「知っておくとよいこと」を区別するための詳細については、「知っておくとよい事から知らなければならない事に絞り込む」の記事をご覧ください。



4. モバイル向けに設計されたオーサリングツールを使用する


Rise 360​​などのモバイル向けに最適化されたレッスンを構築するように設計されたオーサリングツールを使って、モバイルフレンドリーなコースの作成をすぐに始めましょう。Rise360はモバイルを念頭に置いて構築されているため、様々なタイプのレッスンが作れます。インタラクション、アセスメント、モジュール式学習ブロック、ビデオなどを含むモバイルラーニングに最適です。そしてもちろん、これらのレッスンはすべて、手動で微調整することなく、すべてのデバイスで完全に機能します。


ご覧のとおり、モバイルコースにコンテンツを適応させることは難しいことではなく、モバイル学習者のニーズを念頭に置く必要があります。うまくいけば、これらのヒントが、モバイルコースの構築を開始するために必要な自信を与えてくれます。



 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

#Articulate360

#Rise360

#eラーニング

#作成