eラーニングコースに合うフォント

原文「Finding Fonts That Fit Your E-Learning

フォントは重要です。


コンテンツ制作者として驚くべきことではありませんが、フォントがどれほど重要か時間をかけて考えたことはありますか?


フォントはコンテンツへの入り口です。フォントは学習者がコンテンツを読み始める際に雰囲気を醸し出します。1秒も経たないうちに、読者は無意識のうちに真剣になり、楽しむ準備します。選択したフォントと内容が合っていないと、認知的に違和感を引き起こし、気が散ったり、さらに悪いことに視聴しなくなったりする可能性があります。



フォントはトーンを設定する


有名な映画のポスターを使って、何を意味するのかという例を見てみましょう。


エイリアンとリトルマーメイドはとても雰囲気が違います。そしてポスターはその雰囲気を反映しています。誰もエイリアンに気楽な雰囲気を期待していません。逆に、リトルマーメイドの視聴者は、忍び寄る恐怖を期待していません。


しかし、もしフォントが違っていたらどうなるでしょうか?


フォントを替えただけで、2つの映画への期待は混乱するものになります。リトルマーメイドで使用されていた装飾されたフォントは、エイリアンのポスターのグラフィックとはまったく合っていません。そして、逆にエイリアンで使われていた広い間隔のHelveticaフォントは、パステルカラーとリトルマーメイドのキャッチフレーズと違和感があります。


しかし、映画のポスターだからとあなたは言うかもしれません。もちろんフォントデザインは重要です。


これは真実ですが、すべてのeラーニングコースでTimes New Romanフォントを使用すればよいという意味でもありません。内容や読みやすさを犠牲にすることなく、フォントの選択で創造性を発揮することができます。次のガイドラインを覚えておいてください。



テーマをガイドにする


どのオーサリングツールでもデフォルトのフォントで作成を開始できますが、通常デフォルトフォントはニュートラルなフォントです。内容と衝突することはありませんが、強調することもありません。


フォントによってコンテンツをどのように強調できるのでしょうか?いくつかの例を見て、何を意味するのかを見てみましょう。


この画像は、Rise360に組み込まれているRalewayフォントを使ったコースからキャプチャされた画像です。


Ralewayは悪いフォントではありません。しかし、主題テーマが必要とする雰囲気を伝えていますか?装飾されたWの文字、比較的軽い太さ、全体的な柔らかい曲線、気まぐれなタッチは、バーチャルで行われた裁判で弁護士が誤って子猫のフィルターを使った状況のようです。情報自体は伝わるかもしれませんが、読者はフォントに気を取られたり、最悪の場合、コンテンツの信頼性に疑問を抱いたりする可能性があります。


フォントを替えて、どのように変化するかを見てみましょう。


同じ内容ですが、OpenSansを使用したタイトルとヘッダーの表示例です。RalewayとOpenSansの2つのフォントは、どちらもsans serif(ゴシック系)フォントです。では、OpenSansがより適している理由は何でしょうか。それは、深刻な情報を読みやすい方法で伝えるのに最適な、重量のある、実用的なフォントだからです。



装飾フォントは慎重に使用する


装飾フォントは、簡単にコンテンツに影響を与えます。映画のポスターにTimes New Romanフォントが選択されないのはそのためです。テキストは、読む前にも感情的な影響を与えることにも重要です。


しかし、そのために装飾フォントは控えめに使用する必要があります。できればタイトル画面や新しいセクションの最初に使用して学習者の気を散らさないようにしてください。これも覚えておくことが重要です。



フォントの選択は明瞭さに影響を与える可能性がある


装飾フォントは理解を妨げます。学習者が書かれていることを理解しようとしなければならないなら、装飾フォントはコンテンツから学習者の集中を引き離してしまいます。さらに、過度に様式化されたフォントは、失読症の方には読みにくいのです。



まとめ


フォントの選択は、読者が読み始める際に内容に集中するのに役立ちます。彼らを引き込み、次のことに備える映画のポスターと考えてください。ただし、フォントを選択する時は、いくつかの点に注意する必要があります。


  1. 内容がフォントの選択をガイドします。深刻な内容に過度に装飾的なフォントを使用したり、より気まぐれなプロジェクトにプレーンフォントを使用したりすると、不快感を与え、学習者に違和感を引き起こす可能性があります。

  2. 装飾フォントは軽いタッチで使用する場合に限ります。

  3. フォントは読みやすさに影響します。怪しい場合は、読みやすさを最大化するためにsans serif(ゴシック系)フォントを使用してください。



その他のリソース


これらのヒントが役に立った場合は、下記ブログ(英語)もご覧ください。

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成