賢い投資:従業員の学び方を支援する

更新日:1月6日

原文「Invest Wisely: Help Your People Learn How to Learn

JPMorgan Chaseは3.5億ドルを教育やトレーニングプログラムに投資しています。Amazonは同様に従業員10万人を再教育させる予算として7億ドルを投資すると宣言しました。AT&Tは10億ドルを教育予算として支出しています。そして、PwCは今後3年~4年間で27.5万人の従業員への教育予算として、30億ドルを投資するといっています。

世界のリーディングカンパニーがこれらの巨額費用を投資するのはどのようなミッションからなのでしょうか?それはすべてアップスキルのためです。

世界の有名企業には多額の投資をする予算があるかもしれませんが、アップスキルはすべての企業にとって重要でクリティカルです。世界経済フォーラムは、世界の労働力のほぼ3分の1の10億人が、今後10年間で新しいスキルを必要とすると予測しています。

したがって、調査が新スキル獲得の緊急性を証明した場合、PwCがアップスキルに大きな投資をすることは当然のことです。将来の最大の脅威について尋ねられた各CEOは、最も重要な懸念事項の1つとして「重要スキルの可用性」を挙げました。


スキルは憂慮すべき最重要項目になっており、世界中の経営陣が従業員に大規模な投資を行っています。しかしこれらの投資が報われるという保証はありません。

成功というのは投資の仕方にかかっています。企業学習の在り方は大きな変革の真っ只中にあります。従来の学習モデルは崩壊しており、アジリティ(俊敏性)の必要性と新しいアプローチによる結果により学習の在り方は混沌としています。ベストプラクティスと科学的調査を活用してワクワクする活気に満ちた学習文化を社内に育んでいる企業がある一方、他の企業は知識と専門知識に関する時代遅れのトレーニング方法にとどまっています。

では、JPMorgan Chase、Amazon、AT&T、PwCのようなラーニング部門の責任者は、急激に増やした予算をどのように費やすべきなのでしょうか。彼らは大胆に未来に立ち向かい、輝かしい学習文化を創り出し、科学的にも証明されたアプローチを実行しなければなりません。

<