• DISCE

ラーニングエクスペリエンスのROI|How the Workforce Learns

原文「The ROI on Learning Experience | How the Workforce Learns


職場での学習方法に関して、私たちにはやるべきことがあります。L&D業界では、学習に対する費用対効果(ROI)について、まだ完全には理解されていません。私たちDegreedの最新の調査では、ポジティブな学習文化を持つ企業は、より健康的で、より意欲的で、より業績が良く、より適応力のある従業員を持っているということが明らかになりました。これは多くの "more "を意味します。



危機に直面しているエンゲージメント


L&D業界で待ち望んでいた瞬間です。学習への投資は、かつてないほど重要になっています。世界経済フォーラムによると、今後5年間で世界の労働力の54%が大幅な「アップスキリング」または「リスキリング」が必要だと言われています。


しかし、ひとつ問題があります。


従来の学習・能力開発のアプローチは、従業員にとってあまり効果的ではないということです。従業員のエンゲージメントは危機的状況にあり、全世界の従業員の85%は、仕事にエンゲージしていないか、積極的にエンゲージしていないと言われています。しかし、落胆する必要はありません。これは、あなたのチームにとってのチャンスだと考えてください。


次のチャンスが現れた時に成長して適応できるように、従業員と会社のビジネスに必要なスキルを身につけさせる時が来たのです。しかし、今のところ、そうではありません。PwC社によると、CEOの10人中8人近くが、重要なスキルの不足がビジネスの成長見通しを脅かしていると答えています。一方、Gartner社の調査によると、将来のキャリアに必要なスキルを身につけていると確信している従業員はわずか20%です。これは、あなたにとって何を意味するでしょうか?今こそ、L&D(学習と能力開発)に対する考え方を変える時です。


コンテンツを手動で管理し、刻々と変化するトレンドに対応しながら、全員に効果的なコンテンツを見つけることはもはや不可能です。これを変えるにはどうしたらいいでしょうか?Visa社を見てみましょう。決済業界の大企業であるVisa社は、デジタルラーニングを中心とした継続的な学習の文化にシフトすることで、学習に対するROIを最大化しました。APIや技術的な連携統合により、ラーニング部門はコンテンツの重複を最小限に抑え、効率を高めました。



未来のL&D


これらは単なる統計ではありません。人やビジネスのリアルな現実です。


ディスラプション(混乱)を避けるために、事業部門と人事部門のリーダーは、継続的な生涯学習を奨励する文化を構築することにますます注目しています。そして、そのような文化を醸成するための次の大きなステップは、学習を業務に統合することです。しかし、従業員がどのように行動し、何に価値を感じているかを理解していなければ、学習文化を構築・維持することはできません。


Degreedの最近の調査によると、従業員はガイダンス、多様な経験、フィードバックと洞察、エクスペリエンスラーニング(体験的学習)の機会を必要としているだけでなく、さらに重要なこととして、強く求めていることがわかりました。時代の流れが速い現代社会では、人材に投資し、学習に適した条件を整えることが不可欠です。つまり、私たちDegreedの調査では、学習に対するビジネス上の価値とROIが成功に不可欠であることを示しています。そして、L&Dの未来は、そこに到達する方法を決定する上で非常に重要です。



投資に対するリターン


事業などのビジネス上の意思決定と同様に、ROIを見ることは重要です。では、学習に対するROIはどのようなものでしょうか?私たちDegreedのデータによると、積極的な学習文化を持つ企業は、より積極的で、パフォーマンスが高く、適応力のある従業員を擁しています。

  • より多くの活用 積極的な学習文化を持つ企業で働いていると答えた人は、自分の活動、習慣、成長を記録する可能性がそうでない企業で働く人に比べ100%高い。

  • パフォーマンスの向上 ポジティブな学習文化を持つ企業で働いていると答えた人は、自分の会社が競合他社よりも収益を上げていると答える割合が166%も高い。

  • アジリティの向上 ポジティブな学習文化を持つ企業で働いていると答えた人は、他のチームと協働する一時的なミッションやプロジェクトに就く割合が101%高い。


次の質問は「どのようにして自分の会社が学習に対する大きなROIを得るのか?」です。


学習・能力開発の捉え方と、組織におけるL&D部門の機能を変えてみましょう。L&Dは、従業員が自分のキャリアをコントロールできるように支援しましょう。L&Dは、マネージャーがメンバーの成長を支援する新しい方法を見つけられるように支援しましょう。L&Dは、データドリブン型の洞察で、学習プログラムを再構築しましょう。


つまり、必須教育を単にこなすのではなく、パーソナライズされた生産性の高い方法で、従業員が有機的に成長するためのツールやリソースに投資するということです。もっと簡単に言えば、従業員の声に耳を傾け、従業員に投資することで、学習に対する最大のROIを得ることができるのです。



もっと詳しく知りたいですか?


最新レポートHow the Workforce Learnsをダウンロードして、従業員とビジネスの成長をサポートするためのポジティブなラーニングエクスペリエンスを作るために必要な主要アクションをご覧ください。


 

By Todd Tauber, SVP, Strategy

January 26, 2022

 

#HowTheWorkforceLearns

#継続学習

#学習の文化

#従業員エンゲージメント