How the Workforce Learns : ラーニングエクスペリエンスのROI

原文「How the Workforce Learns: The ROI on Learning Experience


職場学習のありようをもっと明らかにするためにHarvard Business Publishing Corporate Learningと協力して、従業員がどのように学ぶのかをリサーチしました。2019年のこの調査によると、前向きなラーニングエクスペリエンスを優先する企業は、より健康的で、より生産性の高い文化を持ち、より積極的で、よりパフォーマンスが高く、より適応力のある従業員を持っています。そこにはたくさんの「More」がありました。



感情だけではない


これは私たちDegreedが待ち望んでいた瞬間です。皆さん全員が行うこと、つまりタレント人材の育成は、かつてないほど重要になっています。世界経済フォーラムによると、世界の労働力の54%は、今後5年間で、大幅な「アップスキリング」または「リスキリング」つまりトレーニングと能力開発を必要としています。しかし小さな問題が1つだけあります。


トレーニングと能力開発への従来のアプローチは、従業員にとってあまりうまく機能していなかった点です。2019年のこの調査では、800人近くの世界中の労働者、マネージャー、ビジネスリーダーが、企業が提供する学習と能力開発の機会に対して、「-25」のネットプロモータースコア(NPS)を与えました。


しかし、これは感情だけではありません。次の機会や脅威が発生した時に、従業員とビジネスが成長して適応するために必要なスキルを確実に身に付ける必要があるということも言っています。10人中8人のCEOが、コンサルティングファームPwCに重要なスキルの欠如がビジネス成長の見通しを脅かしていると語っています。一方、Gartnerの調査によると、将来のキャリアに必要なスキルを持っていると確信している労働者はわずか20%にしかすぎません。



将来に必要なスキルを備えているのか?


統計データだけではありません。知られている実在の人とビジネスからも知ることができます。例えば、食品大手のKraft-Heinz社は、過去数年間、事業からコスト効率を引き出すことを学びましたが、消費者や小売業者をエンゲージするために必要なスキル(イノベーション、マーケティング、マーチャンダイジング)を無視していました。その売上高は2016年以来、