• DISCE

Degreed新モジュール:Career Mobility


原文「Introducing Degreed Career Mobility


Degreedには包括的なビジョンがあります。それは、人々がスキルに基づいて継続的に成長し、キャリアを向上できるようにすることです。そして私たちDegreedは、貴社従業員のパーソナライズされたニーズに焦点を合てた製品を開発・提供することによってそれを行います。

本日、新モジュールDegreed Career Mobilityを発表いたします。この新モジュールは、スキルの構築とキャリア開発を貴社従業員にとってさらに簡単にするためにデザインされた新しいツールです。


キャリアのオポチュニティ(機会・チャンス)を社内公募するツールは何年も前から存在しています。しかし問題は、誰もがオポチュニティを発見する効果的な方法がなかったため、従業員にめったに使用されないことです。多くの場合、オポチュニティは、従業員が福利厚生に登録したり、業績評価を登録したり、休暇申請したりするのと同じシステムに埋もれていることが多いからです。これらシステムは従業員がめったに使用しないシステムで、従業員向けに設計されたものではなく、管理者がプロセスを標準化・自動化するために設計・構築されています。

また、チームマネージャーと事業責任者がオポチュニティを共有するための、シンプルで、簡単で、手早く、柔軟な方法はありませんでした。マネージャーたちは、フルタイムの職種のために外部から候補者を採用することに焦点を当て、人材採用チームを介してプロセスを進める必要がありました。さらに悪いことに、これらオポチュニティは、パーソナルネットワークと口コミによってフィルターがかかってしまいます。

Degreed Career Mobilityはその状況を変えます。私たちDegreedは、従業員が毎日スキルを身に付けるために利用する同じプラットフォーム上で、オポチュニティを従業員と共有することにより、フルタイムの職種仕事だけでなく、従業員をあらゆる種類の業務につなげる支援をします。また、チームマネージャーがギグワーク、ストレッチアサインメント、長期プロジェクトなどのオポチュニティをすばやく簡単に作成・公開できるようになっています。


別なかたちのタレントマーケットプレイス


Degreed Career Mobilityを使うと、企業はラーニングとアップスキルに直接結びついた社内タレントマーケットプレイスを形成できます。誰もが現在求められているスキルをより把握できるようになり、人事やタレントエグゼクティブ、事業責任者、チームマネージャーが従業員のスキルを発見できるようになります。そして、それは重要です。なぜなら、経営層の半数以上(53%)が、社内保有スキルに対する可視性の欠如が、変革に対する最大の障壁であると述べているからです。

さらに、従業員は次のキャリアステップに直接つながる実際の経験を積むことができるため、人材育成とこれまで以上に関連性が高くなる可能性があります。この仕組みが社内に形成できると、企業はディスラプションに直面しても持続、適応、伸長でき、新しい価値を生み出すことができます。

Degreed Career Mobilityで、従業員は次のことができるようになります。

  • 日常のスキル開発活動が、自動的に最新状態に保たれる個人プロファイルとして、従業員の強み、成果、希望を明らかにします

  • Degreedプラットフォームによるフィードで、従業員が適しているオポチュニティを確認することができます

  • 従業員が興味のあるオポチュニティのためのスキルを伸ばすために経験の場とつなげることができます

マネージャーは次のことができます。

  • Degreedに直接オポチュニティを追加することができます

  • 誰が適任かを検索、閲覧、探索することができます

  • 適任だと思う候補者にオポチュニティを知らせることができます

  • 公募された各オポチュニティの状況をトラッキングすることができます


つなげる


例えば以下のようなことをイメージしてください。

Jenniferは、検索エンジン最適化(SEO)についてカスタマーチームと話せる人を必要としていました。彼女はDegreedを使ってSEOスキルを検索し、そのタスクに適任の2人の従業員をすばやく特定できました。

またRashadは営業職の専門家ですが、営業マネージャーになることに関心があります。Degreedでは関連するスキルだけでなく、彼を導くメンターも提案します。

人事アナリストのWhitneyは、財務部門が新興市場分野に関するブログを書く人を探しているのを知りました。彼女は新興市場分野に関するポッドキャストを読んだり聞いたりしており、ビジネスライティングに関するオンラインコースを受講していて、チャレンジに備えていました。そこで彼女は財務部門とつながり、養っていたスキルを発揮させます。

最近そのような話をよく耳にしている?では、Degreed Career Mobilityとの違いは何でしょうか?Degreedはスキルデータを軸に展開されます。特に、プロセス全体を従業員が最も重視するもの、キャリアの成長に織り込むことで、スキルの育成を経時的に測定・トラッキングする独自の機能です。また、従業員のスキルに関するリアルタイムデータを使って、従業員を関連するオポチュニティに自動的にマッチングさせます。これは、従業員が既に持つ専門スキルをマッチングすることと、新しいスキルを成長させたい分野をマッチングするという、2つの重要な側面を持ちます。

さらに、Degreedは日々従業員と関わり、オポチュニティのマッチングに影響を与えるために使われる情報を絶えず生成しています。従来のタレントマネジメントシステムは、そのようなエンゲージメントは考慮に入れていません。なぜならタレントマネジメントシステムは、福利厚生の登録、給与計算、パフォーマンスレビューなどの人事プロセスを自動化・標準化するためにデザインされているからです。ゆえに従業員はタレントマネジメントシステムをやらなければいけない時にしか使いません。

貴社でキャリアモビリティを解き放つ秘訣は何でしょうか?それは、従業員のスキルを高め、従業員のエンゲージメントを高め、やりがいのある従業員エクスペリエンスを推進する秘訣と同じです。従業員を貴社のタレント戦略の中心として考えてください。従業員のニーズに優先順位を付けることです。それはDegreedで行えることです。

Degreed Career Mobilityについてもっと知りたい場合は、ぜひお問い合わせください。


By Koreen Pagano, VP Skills

October 15, 2020

#News

#ニュース

#キャリアモビリティ