• DISCE

人を中心とした学習がより良い未来の仕事を築く

原文「How People-Centric Learning Builds a Better Future of Work


コンピュータ、携帯電話、リモート会議など、企業は現代の進歩に適応しようとしています。しかし、このような調整は往々にして後手に回りがちです。企業は常に次の大きな変化に準備できているわけではありません。


L&D担当者が現在やっていることを見てください。対面式の就業研修からバーチャルな学習へと舵を切っているのです。コンピテンシー・モデルからスキル戦略へ、そして紙の修了証書をやめ、先進的でダイナミックなラーニングエクスペリエンスプラットフォーム(LXP)へと、すべてビジネスの世界の進歩に対応しているのです。そして、それはL&Dを忙しくさせています。


しかし、もしラーニング部門の担当者が「次は何だろう」と考えるのをやめてしまうのではなく、次の大きなシフトを単に待つのではなく、学習をより良くする方法を決定し、学習の未来をイメージしなおすことができるのです。


6ヶ月後、1年後、あるいは5年後に学習がどうなっているかを想像することが、最近北米ヨーロッパで行われたDegreed Insightイベントに各企業のL&D業界の専門家が集まった理由です。講演者と参加者は、自分たちやL&D業界がどのようにして新たな無限の飛躍を遂げることができるかを探りました。


『私たちのテクノロジーが本質的にアップグレード可能であるならば、私たち自身も同様にアップグレード可能なのです。』と、エリクソン社のChief Learning OfficerであるVidya Krishnan氏は述べています。


次に何が起こるかわからないうちに学習戦術や方法を変えるのは難しいことです。しかし、「どのように?」という問いに答えることは、L&Dの専門家が得意とするところです。


『変化は不変であり、変化は必ず起こるものだと私たちは知っています。』と、DegreedのChief People OfficerであるJanice Burnsは述べています。『私たちが変化に適切に備えるためには、そして、将来に適切に備えるためには、私たちは常に学習している状態でなければならないのです。』


講演者たちは、「学習の核心は人でなければならない」という意見に同意しました。


『学ぶのは人です。そして、もし我々L&Dが人々が学ぶのを助けなければ、何もうまくいきません。』と、Learning Technologies ConferenceのResearch and ChairであるDonald Taylor氏は述べています。



人材こそが未来


時代が変わるのは、人々が変わるからです。新しい価値観やアイデア、つまり新しい常識を探求するからです。L&Dのプロフェッショナルとして、企業組織でL&Dを強化し続けるには、そのことを視野に入れることが重要です。


『人々の価値観がどのように変化しているか、何が必要で、何を求めているか、何を経験しているかを把握していなければ、その瞬間を逃してしまうでしょう。』と、FutureSight Labs社の共同創設者兼CEOのSeth Mattison氏は述べています。


価値観の変化の一例として、日々の標準的な業務のタスクや活動において利便性を求める声が高まっていることが挙げられます。COVID-19の大流行により、その必要性はさらに高まり、L&Dの担当者は、人々が働いている場所で出会うための戦略を再検討しています。しかし、やるべきことは常にあるのです。


Krishnan氏は、『学習は容易であるべき』と言います。『私たちのエコシステムが本当に大規模なスキルのエンジンとなり、学習が人材を見つけることができるようになり、その逆ではなくなるようにすることです。』


社員に学習する場を与えることは、企業の成功に貢献する場を与えることでもあるのです。


『私たちは、社員の成長が会社の成長を促進すると信じています』とKrishnan氏は述べています。



L&Dの専門家は未来を形づくる


『もし人々が未来への道を学ぼうとするならば、L&Dの専門家としてのあなたの貢献の重要性は明らかです。あなたは明日の仕事の姿に影響を与え、形づくっているのです。』とMattinson氏は言います。『あなたは、自分の影響を会社の未来に加えることができるという、信じられないほどユニークな立場にいるのです。』


ツールやテクノロジーは目標達成のための1つの手段ですが、それらをマネージメントするのはあなたのような人であることを忘れてはいけません。


『あなたは魔法なのです。』とMattinson氏は言います。『新しいツールはどんどん出てきます。しかし、あなたの最大の魔法は、新しいツールの表し方と、周りの人々にもたらす存在感、人々が未来のために取り組むための勇気と好奇心であることを決して忘れてはなりません。』



学習で未来を準備し、向上させる


あなたは、より充実した学習体験で未来を形づくることができます。その方法をご紹介します。



人にフォーカスする


何よりもまず、学習は人によって行われるものです。彼らの経験、価値観、興味、スキルがその旅を導きます。


Taylor氏は、学習の旅には最終的な目的地がないことを改めて強調しました。このことは、L&D担当者が経験を向上させることに焦点を当てる機会を与えます。『学びの旅は決して終わることがありません。どうすれば、学びの旅をより効果的に、より楽しく、より学習者のためになるものにできるのでしょうか?』


人を中心とした考え方は、学習戦略について正しい判断を下すのに役立ちます。従業員にとって最高の体験を創造することに重点を置いている限り、あなたは良い道を歩んでいる可能性が高く、創造性を使ってそこから前進することができます。


このような観点から、Standard Bankグループのラーニング部門のリーダーは、あらゆる要望を満たすことをやめ、価値ある学習体験を提供するために、より思慮深いアプローチへとシフトしました。


『「そのためのアプリがある」と言うのではなく、「そのための道がある」と言うのです。』Standard Bankグループのラーニング部門責任者であるLucy Voss-Price氏は、次のように語っています。『そして、私たちラーニング部門は、学習が行われる場所、学習が行われる条件にもっと焦点を当てることにしたのです。』



知識を解放する


今日、知識は教室の中だけでなく、どこでも得ることができます。そして、それはL&Dの専門家としての役割を変えます。


『情報は力の源から、当たり前の存在になりました。L&Dの専門家は、いまだに情報の門番のような役割を果たそうとしていることが多いのです。』とTaylorは指摘します。そうではなく、学習には様々な形態があることを認め、良さを評価すべきです。


そして、Degreed社のChief Learning & Talent OfficerであるKelly Palmerは、『学習のトラッキングを確実に行うことです。多くの人がすでに仕事の流れの中で学習していますが、必ずしもそのことが評価されているわけではないからです。』と述べています。



学習を仕事に組み入れる。


一日の業務の中で学習する時間を確保することは、L&D業界が取り組むべき最大の障壁の1つです。


重要なのは、スキル習得のためのプロジェクトを日々の活動や実際のビジネス目標に組み込むことによって、仕事中の学習を必然的なものにすることです。仕事と学習が同じ目標であれば、学習する時間を作るのはずっと簡単だと、Palmerは言います。


学習と仕事を結びつけるもうひとつの重要な要素は、コラボレーションです。毎日一緒に仕事をしているチームには、さまざまなスキルセットや経験レベルの人がいて、メンターシップをもうひとつの学習方法として活用できるように、そのつながりを利用するのです。


『優れた学習文化には、優れた教えあう文化が必要です。そこでは、他者のスキルを高めるために貢献する人々、これが私たちの学習方法の一つであると認識しているのです。スキルを身につけることは、重要な問題を一緒に解決していく過程で起こることなのです。』とKrishnan氏は言っています。


一緒になって問題を解決することは、個人だけでなく、企業にも利益をもたらします。また、課題に適応し、正面から取り組むという文化も生まれます。



変化を予見し、受け入れる


適切な学習戦略、人材開発テクノロジー、L&Dチームがあれば、未知の世界を恐れる必要はありません。


また、スキルに対するニーズは常に拡大、変化しているため、急成長企業では軋轢が生じますが、早急にスキルに着目することで、さらなる問題を避けることができます。


エリクソン社のGlobal L&D Ecosystem責任者であるPeter Sheppard氏は、『スキルにフォーカスせず、世の中の変化が速くなればなるほど、私たちが今感じている痛みは、これ以上良くなることはありません。悪化していくだけです。』と言っています。


変化は怖いものです。しかし、もしあなたが準備し、それを人々のためにするならば、それはまた刺激的で有望なものになりえます。


『少し勇気を出してください。一歩踏み出して実行し、学習の支援が必要なときに人々に届けましょう。』とTaylor氏は言います。



Degreed Insight 2022


L&Dの未来について、もっと知りたい場合は、北米で行われたInsightイベントまたはヨーロッパで行われたInsightイベントをオンデマンドで視聴して、上記のセッションやその他のセッションをご覧ください。

 

By Emily Gerson, Events Copywriter

May 4, 2022

 

#導入顧客の声