eラーニングコースをパーソナライズする3つの方法

原文「3 Ways to Personalize Your E-Learning Courses

私たちはeラーニングデザイナーとして、よりパーソナライズされたラーニングエクスペリエンス(学習体験)を作成する迅速で簡単な方法を探しています。学習者にとってコースをより魅力的で意味のあるものにするための多くの選択肢がありますが、それらはすべてパーソナライズされたラーニングエクスペリエンスに帰着します。つまり、学習者がコンテンツを操作でき、自分の意思で進行できるようにします。コースをパーソナライズする次の3つの方法を見てみましょう。


学習者に話しかける


コースの最初に学習者に名前を入力するようにし、トレーニング全体を通じて個人名を使った対応をすることは、個人的な親近感だすための優れた方法です。

こちらがそのサンプルです。

サンプルを見る

変数を使ってStoryline 360で学習者名を表示するのがいかに簡単か、ブログをご覧ください。

アバターを使う


コースをパーソナライズするもう1つの楽しい方法は、学習者に早い段階でアバターを選択できるようにすることです。そしてコース全体でアバターを表すか、アバターにガイドさせます。コースの開始時にアバターを選択させ、シナリオ内で後に表示させるサンプルをご覧ください。


サンプルを見る

この機能は、Storyline 360でContent Library 360のキャラクター(イラストタイプと写真タイプ)と変数を使うと簡単に実現できます。ダウンロードできる無料のテンプレートは次のとおりです:Storyline 360:Choose a Avatar Template


キャラクターを直接クリックするのではなく、スライダーをドラッグして学習者にアバターを選択させる方法もあります

サンプルを見る

分岐シナリオを作成する


eラーニングをパーソナライズするもう1つのエキサイティングな方法は、分岐シナリオを使用することです。分岐シナリオでは、各学習者は、自分の選択に基づいてコースの異なる道筋で学習を進めます。これにより、探索と自分の意思による学習が促進され、真にパーソナライズされたラーニングエクスペリエンス(学習体験)がもたらされます。

これは、学習者の名前や進行状況メーターなど、個人的な親近感を出す部分も含まれる分岐シナリオのサンプルです。

サンプルを見る


次にあなたがコースを作成する時に、これらの3つのテクニックを覚えておいてください。

Storyline 360を試してみたいが、Articulate 360をまだご契約されていない場合は、60日間の無料トライアルをお試しください!


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Storyline360

#eラーニング

#作成

#応用