• DISCE

スキルライフサイクルPart4:Strawberry Skills Forever

最終更新: 1月7日

原文「Skills Lifecycle Part 4: Strawberry Skills Forever


皆さん、ビートルズのことは聞いたことがありますよね?1960年代に多くの楽曲と伝説を作り上げたリバプール出身のバンドです。しかし、ビートルズは一夜にして成功した訳ではありません。


Malcolm Gladwellの著書「Outliers:The Story of Success」では、ビートルズの成功が、10,000時間の努力の結果によって達成されたという主張を証明する1つとして取り上げられています。ビートルズの場合、ハンブルグでの約1,200回ものライブをやる中で、習熟していったのです。


ビートルズと同じように、私たちも従業員のスキルをより効率的に開発する方法を探ってみましょう。


スキルライフサイクルの最初の3つのステージについては、以前の以下のブログで紹介しました。この最終回では、能力開発を取り上げます。このライフサイクルは、4つのステップで構成されています。



Imagine


これを読んでいる人の中には、他者の能力を開発する職務の人もいますが、私たちはテクノロジーと仕事の在り方が今後10年間で根本的に変わることを知っているので、私たち全員が能力開発についてある程度の認識を持っている必要があります。


2018年の「Future of Jobs Report」は、2022年までに7,500万人の雇用がなくなると予測しています。ただし、テクノロジーの進歩により、1億3,300万の新しい雇用が生まれ、主にマシンとアルゴリズムを使ったポジションになります。この新しいポジションの要件を満たすために、レポートでは、2022年までに従業員の少なくとも54%がリスキルとスキルアップを必要とすると予測しています。



Yesterday


こうした変化の中で、どうすれば自分や他の人たちのスキルを効果的に高めることができるのでしょうか?従来、L&Dプログラムは、学校の仕組みからヒントを得て、教室コースを作り上げました

。多くの研究(その方法で学習したあなた自身の個人的な経験から振り返り)は、能力開発のためにクラスルーム(集合研修)だけに頼ることはできないことを教えてくれます。Degreedの最近の調査
では、従業員が今日学習方法については、企業学習に使用される伝統的な方法は、様々な理由のために効果的に働いていないことを示唆しています。つまり、従来の能力開発手法は、インパクトのためではなく、規模拡大のためにデザインされてきました。


Come Together


Harvard Business Publishing Corporate Learningとのパートナーシップで実施された「2019レポート

」では、教室でのトレーニングが学習戦略に不可欠である一方で、従業員が自らスキルを開発する頻度がはるかに高いことが明らかになりました。進歩的な学習戦略には、これらの努力を活用し、それらをモニタリングし、L&Dリソースにさらなる投資する必要があることを示す能力が必要です。進歩的なL&D戦略を発展するための最初のステップは、スキルに焦点を移すことです。


ラーニングからスキリングへの移行を行うには、スキル開発に関するいくつかの前提から始める必要があります。

  • 人々は、いつでも、どこでも、様々な形式でスキルを開発します。学習者のオーナーシップを高め、自主性の文化を構築することで、能力開発のペースを上げることができます。

  • スキル開発はフォーマルなモノですが、経験、試行錯誤、フィードバック、コラボレーションを通じて、より頻繁にインフォーマルに行われます。

  • 人間は社交的であり、お互いから学び、能力を開発したいと望んでいます。チームワークとコラボレーションは、スキル開発の重要な要素です。

  • スキルの構築には時間がかかり、知識の習得は1つのステップにすぎません。もう1つのステップは他の人に教えることであり、その教えによって醸成された関係はスキル開発に不可欠です。



Here Comes the Sun


皆さん、この曲の歌詞を聞いてください。私たちの時代はまさに今です。仕事の在り方が急速に変化し、スキルが共通価値となり、能力開発の古い方法が時代に追いついていない世界に私たちはいます。


2025年までに従業員の3分の1をスキルアップするために7億ドルを投入したAmazon

など、多くの企業がデータサイエンティストや将来必要になるスキルへのアップスキルを真剣に考え始めています。


今ここで成功するために莫大な予算を割り当てる必要はありません。組織内のマインドセットからスタートします。つまり、従来の学習提供から、今必要な全体的な能力開発へのアプローチへと移行することです。


幸いにも良いニュースとしては、組織変更で経験しているように、人・プロセス・テクノロジー・文化に焦点を当てるモデルをすでにある程度経験していることです。同様のモデルを学習方法にも適用してスキルアプローチに移行する方法を探求してください。



スキル戦略のスタートを支援する4つの質問


貴社は組織内で適切なスキルとロールを持っていますか?

スキルのギャップを埋める必要がある箇所を特定し、それらのスキルを持つ人を開発する、または採用する(社内採用と社外採用を考える)計画を立てます。


プロセス

貴社プロセスは、急速に変化する世界に適応するのに十分に機敏でしょうか?

スキル開発が最も機能しているポジションを評価します。どこが機能しているかを文書化し、どこかが機能していない場合は修正します。


テクノロジー

人材のアラインメント(調整)、ベンチマーク、キュレーション、能力開発を行うための適切なツールはありますか?

組織内で必要な専門知識を明確にし、それらスキルを構築するために必要なスキルを見つけやすくします。従業員がスキルを開発し、進捗状況を継続的に測定して、開発サイクルを実現するための十分な方法を提供することが重要です。


文化

従業員の進化するニーズに対応できる信念、価値観、行動を共有していますか?

これは、成功と失敗の両方から学べる学習機会を恐れず、従業員が前進する文化をしっかりと定着することを意味します。


我々は一晩で専門家になれるわけではありません。スキル開発には、全社レベルでの実践とコミットメントが必要です。ビートルズは多くの「A Hard Day's Night」を実施し、音楽の習熟度を高めました。自分自身と従業員を専門知識への道へとリードする準備はできていますか?


Degreedは、スキルライフサイクルのどのフェーズでも貴社を助けることでしょう!



By Kristi Broom, October 24, 2019


#デジタルトランスフォーメーション

#DX

#キャリア

#ストラテジー

#スキルライフサイクル