top of page
  • 執筆者の写真DISCE

Degreed Vision:自動化、AI、スキルファーストの未来


我々Degreedが行ったLinkedIn上での最近の世論調査によると、多くの企業がスキルベースの組織を目指しており、すでに43%がスキルファーストを指針としています。それには理由があります。データはその有効性を裏付けています



本日、Degreed Vision 2023で1,500人以上のL&D業界のプロフェッショナルとDegreedの長期プランや製品戦略を共有しました。L&Dの現状と、現代的で効果的な人材を育成するために必要なことを念頭に置き、自動化、AIコンテンツ検索とキュレーション、ディープスキル開発、スキルデータ分析のためのツールなど、Degreedプラットフォームに幅広い機能強化を実装します。


スキルファースト革命に参加し、組織全体でスキルと学習を提唱する絶好のタイミングというものは正直ありません。しかし、それを正しく行うには、適切なツール、ケイパビリティ(能力)、インサイト(洞察)が必要です。


注:この記事の画像はデモンストレーションのみを目的としています。Degreed製品の機能強化は現在も進行中であり、変更される場合があります。



L&Dの現状


従業員の定着率がどんなに良くても、従業員は数十年前、あるいは数年前と同じではありません。


長年にわたり、従業員の学習に対する考え方は進化してきました。従業員はもはや、学習について、単に平凡な必須トレーニングとしてではなく、望まれる(そして間違いなく不可欠な)従業員の利益として捉えています。世界的なスキル格差が日増しに拡大する中、企業は変化の激しい世界に対応し、優秀な人材を確保するために学習を必要としています。


『30年前、ヘルスケア(健康管理)は優秀な人材を惹きつけ、維持するために必要な福利厚生でした。そして教育機会が、労働者が求める福利厚生であることがますます増えています... 離職理由の第1位は能力開発機会の不足です。』と、Visionで講演したGlobal Silicon Valley(GSV)社の創設者およびCEOのMicheal Moe氏は言います。


学習とアップスキリングのビジネス価値が高まる中、スキルの重要性はますます高まっており、これを認識せず、準備していない企業はすぐに取り残されるでしょう。DegreedのCEO兼共同設立者であるDavid Blakeによると、スキルファーストの学習はもはや夢物語ではなく、『企業が総動員して取り組むもので、そのような企業は、定着率、イノベーション性、効率性、人材において大きな改善を見ています。このようなスキルファーストの運営形態に移行している組織では、ビジネス成果が向上しています。』



4年前、デジタルラーニングは2034年までに1兆ドル市場になると予測されていたとMoe氏は言います。しかし、テクノロジーの進歩とCovid-19パンデミックの影響により、そのスピードは加速し、スケジュールは短縮され、新しい予測ではデジタルラーニングがこのマイルストーンに到達するのは2027年と推定されています。 


このことを念頭に置いて、私たちDegreedはスピードを緩めません。それどころか、さらに強化しています!Degreedが展開する予定の機能強化により、将来に向けて立ち上げる準備を確実にすることができます。



ラーニングコミュニケーションの自動化


Degreedプラットフォーム上の新しいラーニングコミュニケーションの自動化とリマインダーは、最小限の管理労力で学習プログラムの効率を最大化するのに役立ちます。管理者は、特定のグループ、チーム、職務、または個人などのために自動化フローを作成した後、Degreedプラットフォーム通知または電子メールをDegreed内から自動的に送信することができます。


Degreedが提供する定期的な学習奨励、招待、およびコミュニケーションワークフローは、手動作業なしで、従業員が奨励され、彼らの能力開発の重要性を再認識することを保証します。


この画像はあくまでもデモ用です。製品のさらなる機能拡張により変更される場合があります。


新しいメンバー全員にあるパスウェイを見るように招待したい場合、自動化で対応可能です。またパスウェイを完了するためのリマインダーを設定したい場合も自動化で対応できます。また学習意欲が低下している学習者に、再び学習するよう促したい場合も自動化フローを作成することができます。簡単で直感的な操作で、わずか数分で作成でき、スケジュールを設定することができます。



AIがアシストする学習とアクション


AIの話を抜きにして、進歩を語ることはできません。今後、AIはDegreedのいくつかの主要な機能に組み込まれ、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、効率を高めます。なぜなら、AIは電光石火の速さで私たちの世界に浸透しており、よりパーソナライズされた、カスタマイズ可能な、インタラクティブな、現代的で効率的なラーニングエクスペリエンスのカギとなりつつあるからです。Michael Moe氏の言葉を借りれば、『AIは空気のようなもの。目に見えません。ユビキタス(どこにでもあるもの)です。』



テクノロジーの進歩のスピードは、人間の学習速度を上回っているとBlakeは指摘し、AIがこのギャップを克服するために必要な橋となる可能性を示唆しました。『今この瞬間が、私たちの能力を解き放ち、大規模なスキルに初めて対処し、未来を解き放つシフトをもたらしているのです。』


新しいラーニングハブのランディングページやコンテンツパーソナライゼーションツールなど、私たちの今後の機能の多くにAIが見られるでしょう。しかし、最もわかりやすいのは、新しいDegreedアシスタントでしょう。


Degreedアシスタントは、学習コンテンツや能力開発の目標について対話形式で会話できるように設計されたAIチャットツールです。従業員が興味のあるニッチなコンテンツを見つけ、コンテンツやパスウェイをキュレーションするのにかかる時間が、現在の数分の一になるように設計されています。デスクレスワーカーなど、外出中の従業員をサポートするのにも便利で、モバイルデバイスから音声を使用したり、AIチャットスレッドに写真を送信したりすることができます。Degreedアシスタントは、個人的なリアルタイムの学習コーチとして機能します。


この画像はあくまでもデモ用です。製品のさらなる機能拡張により変更される場合があります。



DegreedアカデミーとDegreedコンテンツマーケットプレイス


2023年には、DegreedアカデミーDegreedコンテンツマーケットプレイスが製品群に追加されました。これらの新機能は、重要なスキルギャップを迅速かつ効果的に解消するための深いスキル構築を促進します。どのように?新たなスキルギャップの多くを埋めるには、専門家のガイドが必要です。それは、従業員に学習時間を与えることを意味します。また、フィードバックを重視し、実践に基づいた共同学習環境をサポートする必要があります。これらの製品は、これらすべてを提供します。これらの製品は、キュレーションされたコンテンツやグループプロジェクトから、学習補助金や長時間のコースまで、よりコラボレーティブでカスタマイズ可能な、より深い学習体験を提供します。


現在Degreedでは、すでにこれらすべての製品に相互にアクセスすることができます。私たちの次の大きな動きは、すべてのDegreed製品からラーニング、オポチュニティ、およびデータを1つの場所に表示することによって、この移行をさらにシームレスにすることです。


従業員は、現在のDegreed LXPホームページに代わる新しいラーニングハブで、総合的で価値のあるデータポイントを見ることができます。このハブは、現在のDegreed LXPホームページに取って代わるものです。インターフェイスが更新され、従業員はハブを使用して、スキル開発の進捗状況を簡単に追跡し、ダイナミックにパーソナライズされたコンテンツを見たり、割り当てられた学習を見たり、関連するパスウェイやアカデミーを探したりすることができます。


この画像はあくまでもデモ用です。製品のさらなる機能拡張により変更される場合があります。



スキルの取り込みとスキルタクソノミー(分類法)


現在、スキルデータはほとんどの企業組織にとって大きなチャンスであると同時に、スキルファースト戦略を採用する上での障害となっています。それは、多くの組織が、評価尺度が不一致のまま、バラバラのシステムでスキルをトラッキングしているためです。これは、システム管理者が複数のソースからスキルデータを一元化し、さまざまなシステムのスキル評価を1つの共通のスキル評価の「基準」または評価尺度に「変換」することを可能にするものです。


この可視性のレベルは、たとえ一元化されていたとしても、変換中に失われるサイロ化された能力開発データによって制限されていた学習専門家にとって、画期的な変化となるでしょう。すべてのデータが同じ基準であれば、データに基づいて行動するのははるかに簡単です。


そして、より多くのスキルインサイトといえば、Degreedのスキルタクソノミー(分類法)作成機能を強化しています。まもなく、AIが支援する本格的なタクソノミーをDegreedプラットフォームで構築できるようになります。



また新しいスキル推論ツールも開発中です。このツールを使って企業組織のジョブディスクリプションを分析し、その内容から言及されたスキルや推測されたスキルを、該当するユーザープロファイルや組織全体のタクソノミーに追加することができるようになります。私たちの目標は、スキルファーストのビジネス戦略を容易にし、煩雑な手作業から解放することです。



タイムラインについて


「いつになったらこれらの機能を試せるの?」と疑問に思うかもしれません。スキル関連の機能の多くは、2024年中に利用可能になる予定です。また、スキルの正規化、タクソノミー、アカデミーのようなアップデートの一部は別のモジュールであり、標準のLXPまたはLXP+サブスクリプションには含まれません。詳細なスケジュールやその他の機能のリリース日については、主要製品リリースのウェビナーやアナウンスをご覧ください。機能がリリースに近づくにつれ、さらに多くのことを共有できることを楽しみにしています。


プロトタイプの詳細はDegreed Vision 2023オンデマンドでご覧ください。

 

By Emily Gerson, December 14, 2023

 

コメント


bottom of page