top of page
  • 執筆者の写真DISCE

eラーニング開発に必要な分析トップ3

更新日:2023年11月22日

eラーニングコースを開発する場合、分析はパズルの重要なピースとなります。多くの場合、プロジェクトを開始する前に、さまざまな分析を行う必要があります。分析には様々な種類がありますが、この記事では主要な3つの分析について説明します。



1. ニーズ分析


筆者は、この分析が最も重要であると考えています。コンテンツ開発から配信まで、コースデザインに関わるすべての作業に影響を与えます。ここでは、トレーニング目的に対するギャップがある場合、そのギャップを埋めるためにどのような教材を作ればよいかを理解することができます。ニーズ分析では、従業員の実際のパフォーマンス(現在の状況)と期待されるパフォーマンス(あるべき姿)を比較します。


これは、どのようなトレーニングを作成すべきかを特定するための素晴らしい方法ですが、法律で義務付けられているコースの場合は、従来のニーズアセスメントを行う必要はないでしょう。法律で義務付けられている場合は、政府がすでに作成すべきトレーニングを特定しているからです。とはいえ、トレーニングが義務付けられている場合でも、トレーニングの改善方法を検討したり、自社のトレーニングが政府の基準を満たしているかどうかを評価したりすることは有用です。この場合、どのようなトレーニングを開発すべきかを特定するためのニーズアセスメントは行いません。その代わりに、トレーニングを改善できるかどうか、また、どのように改善できるかを評価するために行うのです。


ニーズ分析を行っているうちに、トレーニングが問題に対する適切な解決策でないことが判明することもあります。これは、企業文化や従業員の業務に必要な設備や環境がないなど、他の要因が問題を引き起こしている場合に起こります。このような場合、トレーニングでは問題を解決することはできません。



2. オーディエンス分析


オーディエンス分析では、学習者を調査し、その特徴や属性を特定します。これにより、学習者にとって適切で有意義なトレーニングを作成することができます。オーディエンス分析は、通常、ニーズ分析の後、コンテンツ開発を開始する前に行われます。これは、コース開発全体とプロジェクトの成功に影響を与える重要なステップですので、省略しないようにしましょう。


オーディエンス分析では、学習者がどのような人たちなのか、経験や教育のレベルなど、さまざまなことを明らかにします。あなたの職場によっては、受講者に直接アンケートを取ることで、これらの詳細を得ることができるかもしれません。あるいは、人事部やプロジェクトを開始したマネージャーと連携する必要があるかもしれません。


オーディエンス分析は、コース設計とコンテンツ開発の指針となる説明的な情報を提供するため、非常に重要です。例えば、受講者の半分がソフトウェアエンジニアで、残りの半分が技術に疎く、日常生活でコンピュータを使用しない一般従業員であることが、オーディエンス分析で分かったとします。このような場合、学習者の技術力に合わせて2つのコースを作成することになります。



3. タスク分析


OJTを設計する場合、ほとんどの場合、学習者を教育するだけでなく、学習者の仕事のパフォーマンスを向上させることが目標になります。このため、トレーニングをタスクごとに分解し、学習者がそれを実行するための最適な方法を概説することが有益です。


しかし、その前に、従業員のパフォーマンス向上に役立つ具体的なタスクを特定する必要があります。これは当たり前のことのように思えるかもしれませんが、そうでないこともよくあります。そこで登場するのが、タスク分析です。


タスク分析では、1つのマクロタスク(例えばメールの送信など)を多くのミクロタスクまたはステップに分割することができます。これにより、学習者は簡単にトレーニングに従うことができ、タスクを効率的に達成することができます。タスクの中には、単純で、1つのステップを順番に実行していくものもあります。また、複雑で、学習者がさまざまな判断をしなければならないものもあります。


単純なものであれ、複雑なものであれ、タスク分析では学習者が経験する物理的、精神的なステップを特定します。



まとめ


理想的には、これらの3つの分析を完了するために時間を使うことです。そうすることで、あなたのコースが効果的になる可能性が高まります。


しかし、時間がない、または3つすべてを行うためのリソースがない場合でも、慌てないでください!現実の世界では、ニーズアセスメントだけで、なんとかなることが多いのです。しかし、もしそのような方法を取るのであれば、必ず学習者に関する情報を含めるようにしてください。


また、eラーニングプロジェクトのプランニングに役立つ情報をお探しでしたら、こちらもご覧ください。

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 
bottom of page