Rise 360でContent Library 360を使うべき3つの理由

原文「3 Reasons to Use Content Library 360 in Rise 360

効果的なコースをすばやく作成するためのヒントを私も常に探しています。Rise 360​​を使用したことがある方は、美しくインタラクティブなコースをRise 360でいかにすばやく簡単に作成できるかを理解されていると思います。


Rise 360​​で筆者のお気に入りの1つは、アプリ内からすぐにContent Library 360にアクセスできることです。Content Library 360には、予算を節約し、ワークフローをスピードアップし、内容と関連性する素材がたくさん詰まっています。



1. 予算を節約する


内容に合わせた画像をまったく使わないeラーニングプロジェクトに取り組んだことはありますか?よくあることですが多くの場合、企業にはカスタム画像を作成する予算やリソースがないケースが多々あります。また、複数の無料の画像ストックサイトを精査する時間がない場合は、唯一の選択肢として有料の画像ストックサイトがあります。しかし有料のストックサイト、特に大量の画像が必要な場合は、非常に費用が高くなる可能性があります。


そのため、筆者はContent Library360が非常に気に入っています。Articulate360をご契約されている場合は、Content Library 360に自動的にアクセスできます。つまり、追加費用なしで、文字通り拡大し続けるライブラリから必要な画像をいくつでも使用できます。その数は何百万点にもなります。


これらの素材はすべて、商用・非商用の利用を問わずロイヤリティフリーであり、帰属は必要ありません。予算の節約につながりますのでご検討ください!



2. 時間を節約する


Content Library 360を使用するもう1つの大きな理由は、コースの作成をスピードアップすることです。これはRise 360​​を離れることなく、増え続ける膨大な素材ライブラリを検索し、数回クリックするだけですぐにプロジェクトに挿入できるためです。オーサリングツールから離れたり、検索エンジンを開いたり、画像に移動したりする必要はありません。


Content Library 360を使用すると、ワークフローを止めることなく、アプリ内で必要な画像を見つけることができます。


プロジェクトに最適な画像を見つけたら、画像の切り抜き機能を使用してさらに時間を節約できます。


わずか数秒で、ニーズに合わせて任意の画像をトリミングできます。正方形に制限するオプションもあります。何よりも、このトリミング機能は、Content Library 360の画像に加え、アップロードした画像でも機能します。


この機能を使用する方法を確認したい場合は、このブログ記事をチェックしてください。



3. より関連性の高いシナリオを作成する


シナリオベースのコースは、学習者を没入させ、現実の状況をナビゲートするのに役立つ優れた方法です。しかし、必要なすべての素材を見つけて、非常に多くの結果が得られるようにするのは困難な場合があります。Rise 360​​のシナリオブロックを使って現実的な学習体験を作成することで、これがすべて可能になります。


また、Content Library 360を使えば、数百万の素材画像にアクセスできるだけでなく、写真ベースのキャラクターとポーズの組み合わせを選択できるため、独自の分岐シナリオコースを簡単に作成できます。


シナリオを作成する時に、様々な業界や職業から背景やキャラクターを選択して、内容との関連性を感じさせることができます。また、Content Library360の画像とキャラクターはRise360ですぐに利用できるため便利です。



まとめ


Rise360にも組み込まれるContent Library 360の画像を使うと、費用、時間、手間を節約しながら、より関連性の高いコースを作成できます。


Rise360とContent Library 360のヒントとコツについては、次の記事をご覧ください。


試してみたいけれど、まだArticulate 360をまだご契約していない場合は、60日間の無料トライアルを開始して、製品をお試しいただけます。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Rise360

#eラーニング