top of page
  • 執筆者の写真DISCE

ハイパフォーマーを惹きつけるための5つのポイント

更新日:2023年11月27日


優秀な人材は、組織に数え切れないほどの良い影響を与えてくれます。彼らは目標を達成し、ビジネス上の成果を上げるだけでなく、次のようなことも考えられます。

  • 同僚にモチベーションを与え、同僚に高いパフォーマンスを発揮させる

  • 社外の優秀な入社希望者を会社に紹介する

  • 仕事以外の場面で、貴社ビジネスを代弁する

  • 企業文化を形成し、長期的なビジネスの成長を促進する


Gallup社は、従業員の離職コストは控えめに見積もっても従業員の年俸の2倍に相当すると報告しています。優秀な人材を失うと、コストはさらに上昇します。また、優秀な人材が退職すると、チームのモラルが損なわれ、雪だるま式に離職率が上昇する可能性があります。


従業員の定着に力を入れている企業は、従業員に投資しています。ここでは、優秀なプロフェッショナル人材を惹きつけ、維持するための5つの重要な方法を紹介します。



1. キャリアアップを支援する


ハイパフォーマーは、仕事中にさらにスキルを伸ばしたいと考えています。2022年1月に行われたHarris Pollの調査によると、80%の従業員が新しい仕事を受ける際に専門的なスキルの能力開発を重要視していることがわかりました。


従業員のロイヤリティ(忠誠心)を期待する企業は、従業員が長期的なキャリア目標を達成できるよう支援する必要があります。しかし、WebサイトMonsterによる2021年7月の調査では、80%の労働者が、企業が自分のキャリアアップに貢献しているとは感じていないことがわかりました。もし、貴社学習文化を醸成していなくても、競合他社が醸成しているとしたら、それは貴社のリテンションの取り組みに影響を与えるかもしれません。


スキル開発の機会を提供することは、従業員に昇進の道を提供することです。さらに、新たに身につけたスキルは、会社にとっても有益です。ハイパフォーマーは、その新しいスキルを使って、さらに業績を上げ、貢献し、イノベーションを起こし続けることができるのです。



2. 人の強みにフォーカスする


従業員が自分の能力を十分に発揮できれば、一般的に成果は顕著に表れ、仕事はより楽しく、効率的になります。そして、これは従業員のエンゲージメントを高めることにもつながります。


Gallup社の調査によると、マネージャーが従業員に自分の強みを発揮するよう奨励した場合、以下のような効果があったそうです。

  • 従業員のエンゲージメントが15%向上

  • 業績が18%向上

  • 顧客エンゲージメントが10%向上


ハイパフォーマーが、自分の強みを活かせない職場に留まる可能性がどれほど高いか考えてみてください。自分の得意分野を活かせる職場で働けば、もっと早くキャリアアップできると考えたら、他の会社に目を向けるのは避けられるかもしれません。


マネージャーには、部下と彼らの強みについて話すように促しましょう。どんな仕事やタスクをしたいかを聞いてみましょう。そして、従業員一人ひとりとキャリア開発プランを作成し、従業員が最も関心のある仕事に取り組めるよう、スキル開発の機会を提供しましょう。


キャリア開発の一環として、マネージャーは、従業員が自分の強みに関連するスキルをさらに伸ばすことができるよう、個人に合わせたラーニングパスを示唆することができます。従業員がトレーニングに参加することで、新たな強みを発見し、それが会社にさらなる利益をもたらすかもしれません。



3. ワークライフバランスの支援


今日の労働者は、これまで以上に仕事に何を求めるかを考えています。2021年8月に4,600人を対象に行われた調査では、転職を希望する理由のトップが「より良いワークライフバランスを実現するため」であることがわかりました。


ワークライフバランスとはどのようなものでしょうか?企業は、以下のようなものを提供することで、彼らの望みをサポートすることができます。


従業員のワークライフバランスを支援する一環として、従業員がプロフェッショナルとして成長し、仕事からより大きな意義を得られるよう支援することが重要です。学習の機会を提供することで、従業員の士気を高め、より積極的に仕事に取り組むことができます。


McKinsey & Companyの2022年American Opportunity Surveyによると、87%の従業員がフレキシブルに働く機会があれば、それを利用しています。学習機会を提供する際には、どこにいても自分のペースで学習できるようなオンデマンド形式を検討してください。


従業員、特にハイパフォーマーに、ワークライフバランスをどのようにサポートできるかを尋ねてください。そして、従業員が望む福利厚生を提供するよう努めましょう。



4. 社内からの登用


ポジションに空きがある場合、外部から採用するのではなく、ハイパフォーマーを昇進させることを検討してください。社内昇進させることで、次のことが可能になります。

  • ハイパフォーマーにはそれにふさわしいポジションで報いる

  • 従業員全員に、彼らの成功に投資していることをアピールできる

  • オンボーディングやトレーニングにかかる時間と費用を節約できる


社内昇進を行う企業は、協力的な職場文化をつくります。従業員は、自分には達成し、昇進するための道筋があることを知ることができます。その結果、すべてのレベルの従業員が、自分も昇進できるように業績を向上させようと努力するようになり、業績が向上する可能性があります。


積極的な学習文化も、社内昇進に大きな影響を与えます。2,400人以上のグローバル従業員を対象とした当社Degreedの2021年の調査では、自社の学習文化をポジティブと評価した従業員は、ネガティブと評価した従業員に比べて昇進する確率が199%も高いことがわかりました。


従業員がキャリアアップできるように、知識を高め、スキルを開発する機会を提供し、彼らのキャリア開発プランをフォローしましょう。経験学習の機会は、従業員が新しいスキルを実践的な環境で実践できるため、実地での学習が可能になります。



5. 働きがいのある職場であること


今日の従業員が仕事に求めるものは、給料だけではありません。彼らは、より豊かなプロフェッショナルになるために、自分のスキルを伸ばし、継続的に学べる場所を求めています。アップスキリングが進んでいる企業は、そうでない企業に比べ、企業文化や従業員エンゲージメントが95%高いと報告されています。


また、多くの労働者は、自分の仕事や会社が世の中に貢献することを望んでいます。Gartner社が2022年1月に行った労働者への調査では、パンデミック以来、

  • 65%が自分の人生における仕事の位置づけを再考している

  • 56%がもっと社会に貢献したいと望んでいる

  • 52%が日々の仕事の目的について疑問を抱いている

  • 50%が所属企業への期待を変化させている


プロフェッショナル人材は、企業の価値観が自分の価値観と同じであることを望む傾向がますます強まっています。2022年6月、Qualtricsの調査によると、56%の労働者は、自分の価値観を共有できない職場は検討しないことがわかりました。


ハイパフォーマーを維持するためには、すべての従業員をサポートする包括的な文化を作り、ハイパフォーマーにとって重要な価値観を促進することです。価値観は、企業が行うことすべて、そして世界に対してどのように自分が存在するのかに影響を与えます。価値観は、企業のビジョンやミッションステートメント、企業文化、多様性と公平性、社会貢献活動などに影響を与えます。


強い学習文化は、「誰かが働く場所」を超えて、従業員一人ひとりのアイデンティティの一部となることを支援します。



ハイパフォーマーを引き込むためのテクノロジーの活用


適切なラーニングテクノロジーは、学習文化を強化することができます。もっと詳しく知りたい方はお問い合わせください。

 

By Degreed, October 11, 2022

 

Comments


bottom of page