• DISCE

マルチデバイスでeラーニングを開始するための3つのステップ

原文「3 Steps for Getting Started with Multi-Device E-Learning

対象がデスクトップPCだけのeラーニングを作成することはもはや過去のものです。今日の学習者はあらゆるデバイスを使用します。ノートPC、タブレット、スマートフォンなど、その時、手元にあるデバイスを使用します。トレーニングを必要とする全員に展開する場合には、すべてのデバイスでトレーニングが機能することを確認する必要があります。


あなたがこの記事を読んでいるなら、おそらく私と同じように同じことを考えているでしょう。しかし、マルチデバイスのeラーニングのアイデアがあるからといって、それを実現する方法を知っているとは限りません。


次の3つのステップに従って、マルチデバイスeラーニングの作成をスムーズにできるようにしましょう。



1. 適切な自問自答を


何も考えず計画を立てずにマルチデバイスコースの構築に取り掛かるのはちょっと魅力的ですが、取り組む前に成功するために変更の影響を理解することが重要です。考慮すべき2つの基本的な質問は次のとおりです。

  1. 学習者はマルチデバイスeラーニングを受講する準備ができていますか?このChecklistを使って確認してください。

  2. 貴社組織はマルチデバイスeラーニングの準備ができていますか?答えを得るためにこのTableを確認してください。

組織でマルチデバイスeラーニングに移行することは、大規模である必要はありませんが、スムーズな移行を確実にするためには、これらのことを事前に検討することが重要です。



2. アプローチを決定する


マルチデバイスeラーニングで最も広く使用されている2つのアプローチは、Webベースの学習コンテンツとスライドベースの学習コンテンツです。しかし、どちらのアプローチを採用すればよいのかをどうやって判断することができるのでしょうか?素晴らしい質問です!良いニュースは、すべてのプロジェクトに同じアプローチを使う必要がないことです。むしろ、コンテンツと学習者のニーズに応じて、切り替えて使うことができます。これらの2つのアプローチと、どちらがプロジェクトに最適かを判断する方法を詳しく見ていきましょう。


スライドベースのeラーニング


スライドベースのeラーニングは長い間スタンダードであり、今日でも一般的に使用されています。Storyline 360などでスライドベースのコースを作成できます。これにより、コースデザイナーは、テキスト、画像、ビデオ、その他のマルチメディアオブジェクトをスライドの特定の場所に配置してコンテンツをデザインできます。


多くの場合、スライドベースの学習では、スライド内のオブジェクトの相対的な位置が重要です。たとえば、以下に示すカスタマーサービスコースでは、キャラクターが向かい合って表示されるのではなく、キャラクター同士が重なって表示されたら意味がありません。

コーステンプレートをダウンロード


このため、スライドベースのコースは画面サイズに応じてスライド全体が拡大または縮小しつつ、スライド上のオブジェクトは同じ位置をキープする必要があります。


スライドベースのアプローチを採用することが理にかなっているプロジェクトの例をいくつか示します。


  • 上記の例のように、画面上のオブジェクトの相対的な位置が重要なコース

  • 高度なデザインカスタマイズが必要なプロジェクト。Webベースのeラーニングの欠点の1つは、コンテンツが自動的にリフローするため、各デバイスでコンテンツがどのように表示されるかを制御しにくいことです。したがって、たとえば、クライアントがロゴを常に特定の位置に表示したい場合などは、スライドベースのアプローチの方が適している可能性があります。


Webベースのeラーニング


Webベースのeラーニングは、近年人気が高まっているオンライントレーニングのより現代的な形式です。Webベースのコースは、学習者が[次へ]をクリックして進む一連のスライドではなく、小さなWebサイトのように動作します。より直感的であることに加えて、Webベースのeラーニングは多くの場合完全にレスポンシブルです。つまり、コンテンツは画面サイズに応じて動的に適応し、リフローします。Rise 360などの一部のオーサリングツールでは、プログラミングスキルがなくても本質的にレスポンシブなコースを作成できます。


レスポンシブデザインがWebベースのコースに固有なのはなぜでしょうか?スライドベースのeラーニングとは異なり、Webベースのコースでテキストとオブジェクトの相対的な位置はあまり重要ではありません。これにより、メッセージを歪めることなく、画面サイズと向きに基づいてコンテンツを簡単にリフローできます。この説明が少し抽象的だと思われる場合は、Rise 360​​で作成されたWebベースのeラーニングコースのこの例を実際に確認して、レスポンシブラーニングエクスペリエンスがどのようなものかを確認してください。


Webベースのアプローチが適切なプロジェクトの種類は次のとおりです。

  • オブジェクトの相対的な位置が関係ない、シンプルでわかりやすいコース。たとえば、テキストと関連画像はあるが、画像がテキストの上、下、横にあるかどうかにかかわらず、メッセージは同じままである場合。

  • ビデオベースのコース。コンテンツは動画に埋め込まれているため、コースをリフローしても問題ありません。

  • How-Toコース。この種のコースの目標は、学習者が何かを行う方法を理解できるようにすることです。プロセス、タイムライン、タブ、アコーディオンのインタラクションは、学習者が前のめりになって必要な内容を引き出すように動機付けるのに最適な方法です。これらの種類のインタラクションは、意図を変えることなく、様々な画面サイズに対して簡単にリフローできます。

  • クイズ。クイズの質問が複数選択肢などの標準形式の場合、インタラクティブ性を高めるのは簡単です。



3. 適切なツールを選択する


マルチデバイスやモバイルコースの作成を支援する機能を宣伝する優れたeラーニング制作ツールはたくさんあります。これまでにマルチデバイスeラーニングを制作したことがない場合は、ニーズに最適なツールを決定するのが難しいかもしれません。オプションを検討する際に考慮すべき重要事項は次のとおりです。

  • そのツールでは、美しく見え、すべてのデバイスで完全に機能するコースを制作できますか?それとも「サポートされている」デバイスでしか使えませんか?現在、学習者を特定のデバイスに限定することはほぼ不可能です。そのため、どのデバイスでも機能するコースを制作できるオーサリングツールを選択することが重要です。

  • ツールはすべての画面サイズで機能するようにコースを自動的に調整しますか?それともコンテンツを手動で一つ一つ微調整する必要がありますか?あなたの時間は貴重です。学習者が使用するかもしれないすべてのデバイスでコンテンツが完璧に見えるようにするために、何時間も費やしたくありません。Rise360やStoryline360のような煩わしい作業を簡略化できるツールをご検討ください。Rise 360では、本当にレスポンシブなコースを自動的に作成でき、内容を組み込むことができます。また、Storyline 360​​では、スライドベースのコースを作成でき、コースプレーヤーは画面サイズに応じて自動的に全体的なサイズを拡大・縮小します。

  • ツールは、小さなデバイスで重要でない要素(ナビゲーションボタンなど)を非表示または最小化することで画面スペースを最適化できますか?コースのサイズを変更することは、戦いの半分にすぎません。モバイルサイトのナビゲーションがデスクトップのナビゲーションとどのように異なるかに気づいたことがありますか?eラーニングコースのナビゲーションも最適化することは理にかなっているため、コンテンツは常に前面と中央に配置される必要があります。そのオーサリングツールがこのことを提供する機能を持っているかを確認してください。


これは、聞いたことがある様々なツールを評価するのに役立つ比較Worksheetです。そして、オーサリングツールを選択する際に考慮すべきより一般的な事に関するヒントを含む別のブログ記事「eラーニングオーサリングツールを正しく選択するための9つの考慮事項」もご覧ください。



前進し、マルチデバイスEラーニングを作成する


マルチデバイスのeラーニングに移行するのは恐ろしいように思えるかもしれませんが、これらのヒントを身に付ければ、移行を成功させるために必要なすべてのものを手に入れることができます。ただリラックスして、一歩ずつ進んでください。そうすれば、あなたはそれを知る前にマルチデバイスのeラーニングプロになるでしょう!


マルチデバイスのeラーニングスキルをさらに磨くのに役立つ関連リソースを次に示します。



ここで学んだことを試したい方は、Articulate 360の30日間の無料トライアルをお試しください。ご登録にクレジットカードは必要ありません!!

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成