top of page
  • 執筆者の写真DISCE

Focus Time:L&Dにおける重要なトピックのコラボレーション



「離職率に目を光らせ、従業員のエンゲージメントを高める」


「組織のスキルギャップを埋める」


「AIの導入」


これらのように、L&Dには様々なトピックがあり、焦点を絞るのは困難です。そこで私たちは、業界で交わされている最も重要な会話やアイデアを形にした、対面イベントであるDegreed Focusシリーズを運営しています。各地域のL&DエキスパートやDegreedのソートリーダーと共に、ネットワーキング、洞察、インタラクティブなディスカッションを楽しんでください。



2024年のフォーカス:知られざる冒険の始まり


Focusイベントでの会話を可能な限りタイムリーにするため、イベント開催日により近いトピックを厳選しています。ひとつお約束できることがあります。最新で最高のアイデア、ニュース、トレンドをお届けします。例えば、2024年、私たちはすでにこう見ています:


  • 人工知能(AI)は、L&Dでも非常に強力なツールである。

  • 学習とスキルのオーバーラップが進み、それによるビジネスインパクトが測定可能になりつつある。

  • スキルは急速に仕事における通貨(基準)になりつつあり、その変化に対応できない企業は取り残される可能性がある。


トピックはまだ確定していませんが、私たちがどの都市で開催するかははっきりしています。Degreedは、毎年いくつかの場所でFocusイベントを開催しています。そして今年、私たちは次の場所で実施します。:


  • アメリカ、シカゴ

  • ドイツ、ミュンヘン

  • ブラジル、サンパウロ

  • カナダ、トロント


なぜ直接集まるのでしょうか?ラーニングリーダーは、製造業、金融業、専門サービス業など、さまざまな企業で活躍しています。L&Dはこれらの業界内で活動しているため、ラーニングプロフェッショナルのコミュニティを成長させることはより困難な場合があります。業界を超えたラーニングプロフェッショナルのつながりは、イノベーティブでアジャイルなL&Dコミュニティ醸成に貢献します。そして、最新のトレンドについて話し合う仲間で一杯の部屋ほど、集中し(ダジャレも大いにあり)、クリティカルに考えるのに役立つものはありません。



進化し続けるL&Dの会話に参加しましょう


簡単に振り返ってみると、Degreed Focusイベントは一貫してL&Dにおける思考の進化を追跡してきたことがわかります。パンデミック時代の終わりとその後に定着した「次は何だ?」というキーフレーズの元、2022年、私たちはラーニングの未来を探りました。2023年には、スキルファーストの未来、スキルベース組織、スキルパワードラーニングの出現を取り上げ、「スキル」に焦点を当てました。


L&Dはどのようにラーニングからスキルへと変化しているのでしょうか?それは、マインドセットが変化したのです。ラーニングプロフェッショナルはアジャイル(俊敏)でなければ何もできません。Degreedは、2021年に発表したThe Ultimate Skill Data Handbookを元にしながら、スキルファーストの考え方を長年提唱してきました。2022年にラーニングの未来が語られた後(そして他の要因もあると思いますが)、2023年のビジネスリーダーは、スキルファースト思考をビジネス上の必須事項だと考えるようになりました。


多くのビジネスリーダーやラーニングリーダーは、あちこちにあるコンテンツの断片では、自分たちが切望している必要な変化を促進できないことに気づきました。組織全体のスキルギャップを効果的かつ効率的に解消するためには、広範なスキル開発の取り組みが必要であり、それにはちょっとした努力が必要でした


変化の時代には、学習者が大地を受け継ぎ、学習者はまだ存在しない世界に対処するための美しい備えに気づくのです。

昨年、Degreedチームは、再びスキルについて熱く語ることができるようになりました。Degreedの使命は常に、そしてこれからも、大卒という学位(degree)からの解放です。それはどういう意味なのでしょうか? スキルは依然として最重要課題であり、私たちはこれまで以上に明確なイメージを描くことができます。


次のことを考えてみてください:あなたは、Degreed創業者のDavid Blakeのどの情報を採用し、意味があるものと考えるでしょうか?


選択肢1:Davidの学位


選択肢2:職歴


選択肢3:Davidの持つ専門スキル


専門スキルの幅広いレパートリーを持つDavid Blakeの情報が、あなたの想像する人物像につながると思いますし、そう願っています。


もちろん、大学の学位は素晴らしいものです。もちろん職歴も重要です。しかし、スキルの追跡と優先順位付けから得られる豊富な情報を見るとき、あなたはその人の学歴、職歴、そしてその人を唯一の人にしている人生経験を見ているのです。


履歴書、つまり紙切れに書かれた学位と職歴の年表を中心に構築された最小限の情報が、どのようにして採用プロセスの中核を成していたのか、並べて見てみると不思議に思うに違いありません。学位からの解放とは、学位だけでその人の生涯の学識を事実上測ることができるという時代遅れの考えを、仕事の世界から取り除くことです。




ゼロからのスタート:私たちの焦点はさらに深く


昨年、AIの台頭により、すでに拡大していた世界的なスキルギャップがさらに拡大しました。これは前例のない課題であり、チャンスでもありました。Focusイベントのスピーカーは、再編成のために後退する代わりに、ラーニング部門で浸透しているAIへの重要な疑問に焦点を当てました。


すべての専門家(そしてほとんどのソートリーダー)がAIのパワーを理解し、安全に活用することを提唱する一方で、Focusイベントのスピーカーは、思慮深く目的意識を持ったAIのスキル開発についても強調しました。人によって、AIの異なる側面に焦点を当てる必要があります。何でもかんでもパニック的に学習することは、長期的なビジネスの成功に必要な俊敏性や適応性ではありません。



数多くのオピニオンリーダーがスキルギャップについて語る中、Focusイベントのスピーカーはさらに深く掘り下げました。DegreedのDirector of Strategic Advising and SolutionsであるSteve Boucherは、労働力全体のスキルの需要と供給の計算に関するニッチな知識を共有しました。


それは、一般的なスキルギャップを埋めるだけでなく、独自のアップスキリングニーズを理解し、それを満たす手助けをすることでした。Steveの2023年における洞察は、スキルの需要と供給を評価することの複雑さを浮き彫りにすると同時に、チームの能力を適切に把握することがどのようなことかを明確に示しました。参加者は、自組織のスキルを測定するための明確な方法と、それがどのようなものであるかを明確に視覚化したものを持ち帰りました。



Focusイベントのスピーカーは、Degreed社内の専門家だけではありません。実際、Degreed社内の人間の登壇は通常、アジェンダのごく一部にすぎません。スピーカーが選ばれるのは、あなたが経験したことを経験している人物だからです。そして、彼らはあなたが今経験している場所にいるのです。そしてそれは、抽象的なソートリーダーシップよりも注目を集めるのです。2023年には、Allstate社、Ericsson社、KPMG社、State Street社などの、ラーニングプロフェッショナルが登壇しました。彼らは、議論をリードし、彼らが経験したストーリーを話し、実際の解決策を共有しました。



もっと知りたいですか?


今年も、最先端の話題を提供し続けるよう努めますので、余計な雑音を排除した、最も重要で実用的な情報を得ることができると感じていただけたことでしょう。私たちは、今年のラーニングがどのようなものになるのか楽しみでなりません。L&Dの最新トレンド、洞察、リサーチについて知るために、ぜひご参加ください。


 

By Emily Gerson, February 1, 2024

 

Comments


bottom of page