top of page
  • 執筆者の写真DISCE

パーソナライズドラーニングとは

更新日:2023年11月27日


パンデミックと景気後退は、私たちに仕事と回復力について教訓を与えてくれました。企業が試練に耐えようとするならば、適応力が必要です。そのためには、明日の課題に立ち向かうために十分なトレーニングを受け、準備を整えたアジャイルな人材が必要です。


しかし、コストを最小限に抑えるために、トレーニングは画一的な方法で行われることが多く、その結果、従業員は深い学習をすることなく、やる気をなくしてしまいます。


パーソナライズされた学習は、企業が特定のビジネス目標の達成に貢献する効果的で適応性のある職場学習を提供できるようになるため、真のゲームチェンジャーとなり得ます。しかし、これを十分に活用するためには、ビジネスリーダーはパーソナライゼーションとは何か、そしてそこから得られるメリットを理解する必要があります。



パーソナライズドラーニングの力を理解する


パーソナライズドラーニングとは、学習者一人ひとりのニーズに合わせて、コンテンツと提供方法の両方がカスタマイズされた学習体験のことを指します。パーソナライズされた学習プログラムは、正しく実施されれば、従業員のエンゲージメントを高め、スキルギャップを特定し、ビジネスの成長をサポートする力を発揮します。


このことを学習スタイルという観点から考えてみましょう。視覚的な情報を好む学習者はビデオで情報を得ることを好むでしょうし、聴覚的な情報を好む学習者はポッドキャストを好むでしょう。どのような方法で学習しても、それは従業員にとって正しい方法なのです。最適な学習方法を提供することで、従業員のエンゲージメントとリテンション(定着率)が向上し、学習プログラムの目標をより早く、より効果的に達成することができます。



どの学習方法を選択するにしても、投資についてよく考える


L&Dプログラムを実施するためにスプレッドシートやバラバラなシステムを使用すると、学習が複雑になり、その効果が制限される可能性があります。しかし、ラーニングエクスペリエンスプラットフォーム(LXP)は、従業員の職務やスキル、それらが特定のビジネス目標や目的にどのように対応しているかなど、さまざまなデータポイントを考慮することで、学習を進めることができます。


また、将来の昇進に向けた準備として、オーダーメイドのキャリアパスのガイドができるような柔軟なシステムである必要があります。堅牢なLXPに加え、学習管理システム(LMS)とコンテンツ作成ツールを慎重に選択することで、コンテンツの魅力が決まります。


従業員が有用と感じたリソースやコース、ツールを共有するよう促します。また、1週間のうち特定の時間を、これらの教材に目を通し、重要なポイントを共有するために確保するようにします。


さらに、ゲーミフィケーションや報酬の仕組みを導入することで、学習への関心を高め、修了率を向上させ、「やらなければならないこと」から「やりたいと思うこと」に変えていくことができます。



パーソナライゼーションのメリット


パーソナライズされた学習プログラムによって得られるメリットは、業績面でも従業員の士気向上面でも数え切れないほどあります。従業員一人ひとりのニーズに合わせて学習プログラムをカスタマイズすることで、アジャイルな人材の育成と、高いエンゲージメントや定着率を維持することができます。


ビジネスの未来に貢献する


競争の激化する市場で、企業がデジタル化、自動化、イノベーションを急ぐにつれ、スキルは急速に変化し、時代遅れになりつつあります。実際、Gartner社は、今後数年の間に、労働力の58%が働くために新しいスキルを必要とすることを述べています。


パーソナライズされた学習は、全員が必要なスキルを身につけるための強力なツールになります。


Pythonのプログラミングのアップスキリングが必要な10人のエンジニアのチームがあるとします。このような場合、すべてのエンジニアが同じ知識を持っているわけではないので、画一的な教材を提供すると、スキルギャップが生じ、製品開発がうまくいかなくなる可能性があります。それぞれの従業員が必要とするものにコンテンツを合わせることで、従業員が自信を持てるようになります。


強い企業ブランドの構築


Gallup社の調査によると、65%の人が、新しい仕事の候補を評価する際にアップスキリングの機会が重要だと考えていることがわかりました。潜在的な従業員の個々のニーズや希望に対応したパーソナライズされた学習環境は、競合他社に差をつけ、正当な理由で最高の人材を引きつけることができます。


さらに、効果的なトレーニングを提供することで、従業員が次に採用活動を行う際に、友人や家族にあなたの会社を紹介する可能性も高くなります。


従業員のリテンション(定着率)向上


学習を優先させることは、個人の成長と能力開発をサポートすることになるので、従業員の定着率向上にもつながります。Deloitteの最近の調査によると、従業員が会社に留まることを選択する理由として、ワークライフバランスに次いで高いのが、学習と能力開発の機会の提供です。


パーソナライゼーションは、このようなニーズに直接応え、従業員とビジネスにとってより効果的な方法で提供することができます。コンテンツは学習者一人ひとりのニーズに合わせて調整されるため、従業員はより短時間でより多くのことを学ぶことができるようになります。すでに知っている教材や、自分には高度すぎるコースを受講するのではなく、自分のスキルを伸ばすために必要な範囲で、コンフォートゾーンを少し超えた学習プログラムを実行することができるのです。



パーソナライズされた学習で、ビジネスを変革


競争上の優位性を確保するために、企業はしばしば、製品やサービスなど、次のトレンドを作ることに注力します。これは、屋根から家を建てるようなものです。優れた製品やサービスを提供するためには、それを支える優れた人材が必要です。


まずは土台である「人財」に焦点を当てましょう。一人ひとりの能力や意欲がユニークであることを認識し、それを反映したトレーニングプログラムを作りましょう。パーソナライゼーションは、従業員一人ひとりのニーズを尊重しながら、より高い目標に向かうことで、あなたのビジネスを真に変革する力を持っているのです。

 

By Degreed, November 22, 2022

 
bottom of page