Degreedと〇〇〇の違いは何ですか?

原文「What’s the Difference Between Degreed and______? See for Yourself

「それで、Degreedと〇〇〇違いは何なのでしょうか?」といつも質問されます。シンプルな言葉で答えるのは中々難しく、知っていただきたいことがいくつかあります。

最初に、いわゆる機能を超えて見る必要があります。例えば、飛行機には、エンジン、翼、車輪、操縦桿があります。それが特徴です。だからといって、飛行機で子供を学校に通わせるわけではありません。それは飛行機の設計目的が違うからです。機能を超えて、目的に着目する必要があります。

ソフトウェアにも目的があります。本当に重要なのは、システムが何を目的に設計され、作られているのか、そしてどのようにうまく実現できるかです。機能の構築は簡単です。しかし、ユーザー目線で柔軟で直感的な体験を実現することは難しいことです。おそらくそれこそが、典型的なソフトウェア製品の機能の80%がまったく使用されない理由です。


体験は目的であり、機能ではない


HCM、LMS、コンテンツソリューション、コラボレーションツール、タレントシステム、その他LXPには機能として、スキル管理、コンテンツアグリゲーション、パスウェイキュレーション、従業員ストレングス評価、新しいキャリアの機会とのマッチング、といった機能がありますが、機能があるからといって従業員が使うということではありません。

例えば、多くの企業の従業員の75〜80%は、人事システム上のタレントプロファイルを完成させていません。タレントプロファイルは一般的な機能であり、「組織にとって」価値があります。しかし従業員によって使われたりすることはまれです。なぜなら従業員にとって価値がないからです。

したがって「Degreedと〇〇〇違いは何なのでしょうか?」に対する真の答えは「何のためなのか」ということです。本当に活力を与えたいターゲットが、従業員なのか、マネージャーなのか、管理者なのか、経営層なのか、によって異なるということです。そして、その施策で何をしようとしているのか、つまり人事情