top of page
  • 執筆者の写真DISCE

視聴者に合わせて内容を調整する理由と方法

更新日:2023年11月27日

異なるニーズや予備知識の異なるレベルを持つ大勢の学習者向けに、一つのコースを作成するよう求められたことがある方は手を挙げてください。🙋


よくある依頼です。その理由はよくわかります。1つの包括的なコースを作ることは、異なる受講者向けに複数のバージョンを作るよりも簡単なように思えます。そして、それは実際に簡単かもしれませんが、同じように効果的でしょうか?おそらくそうではないでしょう。


ここでは、なぜ特定の対象者に合わせてコンテンツをカスタマイズすることに時間をかける価値があるのか、また、どのようにすればよいのかを説明したいと思います。



One-Size-Fits-All(一律)のコースを作成することが間違いである理由


あなたは、One-Size-Fits-All(フリーサイズ)と謳っている服を買ったことがありますか?正確には、「ワンサイズ」というのは、「誰にも完璧にフィットする」という意味ですよね?eラーニングのコースも同じです。すべての人のニーズに合うコースを作ろうとすると、結局は誰のニーズにも合わないコースになってしまう可能性があります。また、学習者に関係のないコンテンツを提示すると、学習者は学習意欲を失い、定着率の低下やドロップアウト率の上昇、スコアの低下につながる可能性が高くなります。


一方、特定の受講者に合わせてコースをカスタマイズすると、学習者が必要とするものを正確に提供することができ、共有する情報がより適切であると感じられるようになります。つまり、学習者がコンテンツに深く関与し、重要なメッセージを記憶し、最終的にコースの目的を達成する可能性が高くなるのです。



さまざまな受講者に合わせてコンテンツを調整する方法


特定の受講者に合わせてコースをカスタマイズすることの重要性については理解できたと思いますが、では、どのようにすればよいのでしょうか?基本的には、含まれる内容、内容の提示方法、メッセージの文言やフレーミングを調整する必要があります。ここでは、それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。


扱う内容を決める

コースの各バージョンでカバーする内容を決定するためには、受講者、受講者の予備知識、コースを作成する理由、受講者のニーズについて考慮する必要があります。コース作成プロセスの一環として視聴者分析を行っていない場合は、こちらの記事「eラーニングオーディエンス分析を行う方法」でその方法をご確認ください。


どのようなものかを説明するために、同じトピックのコースを異なる受講者向けにデザインしました。まず、2つのコースのターゲットとなる視聴者を見てみましょう。

​対象者

食物アレルギーのない人

​新たに食物アレルギーと診断された方

予備知識

ほとんどなし

ほとんどなし

​トレーニング目標

(コースを作成する理由)

食物アレルギーの重大性を認識させ、反応の認識と対応方法を身につける。

食物アレルギーと診断されたばかりの人が、早く基本を身につけることができるようにする

学習目標

(コース受講後、学習者が何をできるようになる必要があるか)

次のことが​できるようになる。

  • 食物アレルギーと不耐性の違いを説明できる。

  • アレルギー反応の原因となる上位9つの食品を挙げることができる。

  • アレルギー反応を認識し、それに対応することができる。

  • 食物アレルギーを持つ人に共感できる。

  • 食物アレルギーを持つ人々を支援するために、小さなことを実行できる。

次のことが​できるようになる。

  • 食物アレルギーに真剣に取り組むことがなぜ重要なのかを説明できる。

  • 自分のアレルゲンがトップ9に含まれているかどうかを確認できる。

  • アレルギー反応を認識し、対応できる。

  • アレルギー反応を予防するための戦略を実行できる。

  • 追加情報を含む信頼できる情報源を探す

両者とも予備知識は同じでも、ニーズが異なるため、1つのコースでは対応できないことに注意してください。


それぞれのターゲット層のニーズを満たすために、どのような内容を各講座に盛り込むかを考える必要がありました。そこで、こんなことを考えました。

​対象者

食物アレルギーのない人

​新たに食物アレルギーと診断された方

コース内容

  • 食物アレルギーの定義

  • 食物アレルギーの原因物質トップ9

  • 反応の見分け方

  • 反応への対処法(概要)

  • アレルギーのある人の生活を垣間見ることで、共感を促す

  • 食物アレルギーを持つ人々を支援する方法についてのアイデア

  • いくつかの重要なリソースへのリンク

  • 食物アレルギーの定義

  • 食物アレルギーの原因物質トップ9

  • 反応の見分け方

  • 反応への対処法(ステップバイステップ)

  • 日常生活における食物アレルギーの管理方法に関する詳細

  • 友人や家族を教育するためのヒント

  • 多くの有用なリソースへのリンク

最初の3つの箇条書きは同じであることにお気づきでしょう。この場合、どちらのターゲットも予備知識がほとんどないため、基本的な知識を身につける必要があるのは当然です。しかし、4番目の箇条書きからは、それぞれのグループが非常に異なるニーズを持っていることを考えると、物事が分かれ始めていることに気づかれるでしょう。



コンテンツの見せ方を決める


提供する内容が重複している場合、すべてのオーディエンスに同じ方法でコンテンツを提供することに意味があるかどうかを検討することが重要です。


例えば、食物アレルギーのコースを考えてみましょう。どちらの受講者も、アレルギー反応が出たときにどうすればよいかを知る必要がありますが、アレルギーと診断されたばかりの人が、実際にその手順を踏まなければならない可能性の方が高いのです。


そのため、対象者ごとに少し違った形で紹介することにしました。食物アレルギーではない方には、アコーディオンブロックに箇条書きをしたものを使って、それぞれのステップの概要を説明しました。また、診断されたばかりの人には、プロセスブロックを使って、これらのステップの重要性をより強調し、学習者の記憶力を高めるようにしました。以下は、その様子です。

​対象者

食物アレルギーのない人

​新たに食物アレルギーと診断された方

リアクションレッスンの対応


各ステップの概要を箇条書きにしたアコーディオンブロック


各ステップごとに写真とテキストで構成されたプロセスブロック

コンテンツの見せ方を変えることで、学習体験にどれだけの影響を与えることができるか、おわかりいただけたでしょうか?


メッセージの再考


優れたインストラクショナルデザイナーは、学習者が必要とする内容を提示するだけでは不十分であり、なぜその内容が必要なのかを説明し、学習者が興味を持ち、探求するように仕向けなければならないことを理解しています。つまり、適切で親近感のわくようなメッセージに作り変える必要があるのです。


では、具体的にどのようなことをすればよいのでしょうか?基本的には、学習者に語りかけるように文章を書き換えるということです。そのためには、学習者の立場に立って、次のような質問をする必要があります。

  • なぜ、そのようなことに関心を持たなければならないのか?

  • この情報を日々の仕事や生活の中でどのように使うのか?


そして、これらの質問に対する答えが、あなたの文章を導くのです。私の2つのアレルギーコースに戻り、この再考がどのように見えるかを説明するために、コースの説明を見てみましょう。


もし私が両方の受講者を対象とした1つのコースを作っていたなら、コースが何をカバーするかを簡単に述べた一般的なコース説明にこだわらなければならなかったでしょう。しかし、私はそれぞれの受講者向けに別々のコースを作成することに決めたので、それぞれの学習者グループに本当に語りかけるような紹介文を書くことができ、うまくいけばコースを受講するモチベーションを高めることができたのです。以下、両方のバージョンをご覧ください。

​対象者

食物アレルギーのない人

​新たに食物アレルギーと診断された方

コース概要

食は私たちの日常生活の中で大きな役割を担っています。そして、食事は単に体を養うだけでなく、大切な人と一緒に過ごすためのものであることが多いです。家族や友人と集まって、食事以外のことをしたのはいつが最後でしょうか?


食物アレルギーを持つ人々にとって、食事はストレスになることがあります。そして、それには正当な理由があるのです。もし、口に入れるもの全てが危険なものであれば、あなたもストレスを感じることでしょう。


このコースを受講すると、次のことができるようになります。

​もし、あなたやあなたの大切な人が食物アレルギーと診断されたばかりなら、ストレスや負担を感じるかもしれません。これは何を意味するのでしょうか?日常生活にどのような影響があるのでしょうか?このコースでは、このようなことをはじめ、さまざまなことを見ていきます。


このコースを受講すると、次のことができるようになります。

コース説明の文言を変えることで、コースに入るときの気持ちが本当に変わることがおわかりいただけたでしょうか?両方のコースを開いて、最初の数レッスンを並べて比べてみると、このようなリフレーミングの他の例がたくさんあることがわかります。


ターゲットオーディエンスのニーズに合うように内容を言い換えるのに苦労している場合は、この記事「Empathy: What It Is, Why It’s Important, and How to Build It.」をご覧ください。



まとめ


あなたのコースにインパクトを与えたいのであれば、ターゲットオーディエンスに合わせることが重要です。その対象者が様々なニーズを持つ人々である場合、それぞれの対象者に合わせた別々のコースを作成する方が良いでしょう。結局のところ、学習者に語りかけ、コースの目的を満たすために必要なキーメッセージを保持させることができない内容であれば、コース構築に時間と労力を費やす意味はないでしょう。



その他のリソース


より実践的なインストラクショナルデザインのヒントをお探しですか?これらの役立つ記事をお見逃しなく。

 

株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

 

Comments


bottom of page