• DISCE

仕事の未来はここにある:リモートワークの文化を受け入れよう

原文「The Future of Work is Here: Embracing a Remote Workplace Culture


COVID19のパンデミックが始まったとき、企業は必要性に迫られ、すぐに完全なリモートワーク環境へと移行しました。そして今日、この「一時的な」解決策は職場文化の一部として定着し、従業員に継続して期待されるようになりました。


リモートワークは今後も続くでしょう。そのため、企業組織のリーダー全員が参加する必要があります。あらゆるレベルのリモートリーダーたちが従業員のやる気を引き出し、チームにアップスキリングとリスキリングのプログラムを提供することで、貴社を長期的な成功に導くことができるのです。



生産性の高いリモートワークの実現には、私たち全員に役割があります。


リモートワークのためには、ロジスティクス、テクノロジー、ポリシーだけではありません。リモートワークへの移行を可能にするためには、従業員がこの新しいプランに賛同し、自分たちが果たすべき役割を理解することが同様に重要です。


ここでは、その役割とリモートワークに対しての責任について詳しく見ていきます。


ピープル・マネージャー:ここ数年、従業員の身体的、精神的、情緒的な健康状態は厳しいものがあります。その結果、雇用主は従業員の健康全般に対してより大きな役割を果たす必要がありますが、コミュニケーションが対面ではなく、リモートで行われるリモートワークでの状況では、さらに難しいことです。


リモートワークの環境下で真のリーダーとなるためには、マネージャーはソフトスキルを磨き、従業員のやる気を引き出し、惹きつけることに集中しなければなりません。週1回のチェックインや定期的なランチタイム(対面またはバーチャル)など、チームとつながる時間を見つけること、そして最も重要なことは、約束したことをきちんと実行することです。


Degreed のChief People Officerである Janice Burnsは、『マネージャーと従業員のインタラクション(交流)に関しては、近さではなく、質が重要です。今日の労働者は、1マイル離れていようとも、コンピュータの画面越しからでも、不誠実なチェックインを見抜くことができます。しかし、思いやりと誠実さ、そして透明性をもって行えば、マネージャーはバーチャルな環境でも従業員の信頼と忠誠心を勝ち取ることができるのです。』と述べています。


L&Dのリーダー:リモートワークは職場の構造を変えるだけでなく、従業員に必要なスキルも変えています。L&Dの専門家は、この新しいテクノロジーとソフトウェアに焦点を当てた職場の需要に対応するためにシフトしなければなりません。


今日の従業員も、この型破りな環境で働くために必要なハードスキルとソフトスキルの両方を備えている必要があります。L&Dリーダーは、この新しいスキルの能力開発を奨励する存在であると同時に、これらの新しいスキル目標を達成するために必要なツールを従業員に提供する学習プログラムを管理する責任も担っています。これには、学習環境を対面式やOJTから、いつでもどこでも行えるオンラインの学習や能力開発へと移行させることも含まれます。

さらに、最高のオンラインの学習体験は、能力開発を促し、成果をトラッキングすることで、L&Dリーダーがチーム内のスキルの分布状況を示すデータを手に入れることができます。これにより、特定のプロジェクトに必要なスキルに基づいてリソースを再配分することができ、より良い結果をもたらすことができます。しかも、これらはすべてその場所にいながらにして実現できるのです。


ビジネスリーダー:リモートワークやハイブリッドワークがなくならないことは明らかです。今こそ、ビジネスリーダーは未来の職場環境を完全に受け入れ、それに合わせて従業員を適応させるべきでしょう。その結果、生産性が向上し、従業員が定着するようになります。


最近の調査によると、40%の従業員がパンデミック時にオフィスにいるときよりも自宅にいるときの方が生産性が高かったと答えています。つまり、リモートワーク環境は従業員にとっても、ビジネス上の利益にとっても、より良いということです。


さらに、従業員は柔軟性を提供する雇用主を高く評価し、より長く在職する傾向があります。これは、今日の競争の激しい雇用環境において非常に重要なことです。実際、79%の従業員がリモート勤務の柔軟性がある雇用主により忠誠を誓うと回答しており、雇用維持とトレーニングのコストを何十万ドルも節約することができます。



仕事の未来はここにあり、それは留まることを知らない


「席に座る」ことがキャリアの成功の鍵であった時代は過ぎ去りました。今日、リモートワークの導入は生産性、イノベーション性、定着率を高めることが証明されています。そして、スキルギャップを埋めることも可能になりました。Degreedのような直感的な学習プラットフォームを使用すると、9時から5時までの勤務時間外でも学習が可能になり、従業員は未来の仕事に必要なスキルを身につけることができます。



もっと学びたいですか?


Degreedのガイド「ポジティブな学習文化を生み出すためにマネージャーができる4つの方法」をダウンロードして、新しいスキルを身につけることに従業員をワクワクさせるためにマネージャー職ができることを発見してください。


 

By Debra Auerbach, Content Writer

June 1, 2022

 

#人材開発の未来

#ストラテジー

#リモートワーク

#新しい常識へのナビゲート