• DISCE

インストラクショナルデザイン入門

原文「An Introduction to Instructional Design

インストラクショナルデザイナーとして、私が日々の仕事についてを人に言った時に、ポカンとされることが多いです。eラーニング?インストラクショナルデザイン?何を言っているのか意味不明に聞こえるかもしれません。この記事を読んで、あなたも同じような反応をしているかもしれません。インストラクショナルデザイン(ID)とは何か、IDプロセスに関与するのは誰なのか、そしてIDがなぜeラーニング開発に重要なのかを少し掘り下げてみましょう。



インストラクショナルデザインとは何か?


基本的にIDは、情報を取得し、学習者が興味を持ち、理解しやすいように情報を組み立てるプロセスと考えることができます。少し簡単に言いすぎているかもしれませんが、スタート地点としては良いでしょう。


IDプロセスは多くの異なる理論モデルがあります。最もよく知られ最も広く使用されているものはADDIEモデルと呼ばれ、5つのフェーズ(分析、設計、開発、実装、評価)の頭字語をとっています。各フェーズの概要は次のとおりです。

  • 分析(Analyze) IDプロセスの最初のこのフェーズは、トレーニングのニーズ、学習目標、学習者のプロファイルなど、効果的なeラーニングコースをデザインするために必要な重要要素を特定するため、間違いなく最も重要なフェーズです。

  • 設計(Design) 設計フェーズでは、インストラクショナルデザイナーは分析フェーズで把握したことをすべて取り入れ、内容の計画と構造化を始めます。これには、コース内での学習活動、演習、評価、ビジュアルデザイン、インターフェイスデザインが含まれます。これらすべての決定事項を明確化するこのフェーズで作成されたドキュメントはストーリーボードと呼ばれ、コースの青写真として使われます。

  • 開発(Development) 開発フェーズでは、インストラクショナルデザイナーが設計フェーズで作成したストーリーボードを使って、学習活動、演習、素材などを実際に作成します。このフェーズには、ベータ版をテストし、発生した問題へのデバッグも含まれます。

  • 実装(Implementation) コースを学習管理システム(LMS)にアップロードする、もしくはオンラインで学習者がアクセスできるようにするフェーズです。

  • 評価(Evaluation) 実装フェーズの後、コースが評価され、分析フェーズで明確化した目的をどの程度達成したかを測定します。コースの評価により、コースの改訂および更新が生じる場合があります。


ADDIEアプローチは現在もインストラクショナルデザインの標準です。もちろん、SAMモデルなどの他のIDモデルもありますが、それほど広く使用されていません。ADDIEモデルを深く掘り下げるには、この記事を参照ください。



インストラクショナルデザイナーは何をするのか?


IDを実践する人はインストラクショナルデザイナーと呼ばれることが多いですが、この役割に使われる名前は他にもたくさんあります。トレーニングデザイナー、インストラクショナルテクノロジスト、eラーニングデザイナー、eラーニング開発者、教育テクノロジストなどです。


IDプロセスがどのようなフェーズがあるのかあなたはもう分かったので疑問に思われるかもしれません。インストラクショナルデザイナーは実際に何をしているのでしょうか。IDについて私が気に入っていることの1つは、IDに伴う幅広い活動です。インストラクショナルデザイナーがプロジェクトの過程で行うことのいくつかを次に示します。

  • トレーニングのニーズを分析する

  • 聴衆を分析する/学習者のプロファイルを特定する

  • 学習目標を定義する

  • コースに適切な学習戦略を特定する

  • 学習目標に応じて内容を修正し、再構築します

  • 内容をサポートするマルチメディア要素(画像、オーディオ、ビデオなど)を作成する

  • 学習者の知識やスキルの習得度をテストするためのアセスメントを作成する

  • コースのルックアンドフィール(配色、フォント、スライドレイアウト、プレーヤーなど)をデザインする

  • 本開発前のストーリーボードを作成する

  • オーサリングツールで本コースを開発する

  • LMSでコースを配信展開する

  • コースが学習者の業務パフォーマンスに与えた影響を測定する


IDの役割は企業組織によって異なります。組織チームの規模に応じて、上記のタスクを多かれ少なかれ実行していることでしょう。このリストはすべて網羅しているわけではなく、インストラクショナルデザイナーが行うことの概要を提供することを目的としているだけであることに注意してください。



なぜインストラクショナルデザインが重要なのか?


Tom Kuhlmann氏は、彼の記事「What Everybody Ought to Know About Instructional Design(インストラクショナルデザインについて知っておくべきこと)」で次のように説明しています。

「インストラクショナルデザインを実施していない場合、学習者は必要な情報を取得できる場合とできない場合があります。インストラクショナルデザインのおかげで、学習者は無関係な多くの情報を切り抜けて、重要なことだけを正しく理解することができます。」


学習者に新しい知識やスキルを習得してもらいたいので、そのようにコースを作成していると思います。インストラクショナルデザインは、より確実に行えるように役立ちます。


IDの知識がもっと必要な場合は、参考になるかもしれない記事を列挙します。


株式会社ディーシェは日本におけるArticulate製品の販売代理店です

#Articulate360

#Storyline360

#Rise360

#Studio360

#eラーニング

#作成

#インストラクショナルデザイン

#ID