top of page
  • 執筆者の写真DISCE

2023年を振り返る:大きなニュース、新しいレポート、新たな戦略


正直なところ、2023年はL&Dにとって長く予測不可能な年でした。世界中のラーニングチームは、経済と生成AIの進歩を懸念し、サバイバルモードで2023年をスタートしました。そこからの1年間は、不確実性を伴いながら加速していきました。 


今年の課題と変化を踏まえ、Degreedは革新的なアイデア、リサーチ、ソリューションでL&Dを支援し続けてきました。特に2023年は、L&Dにおける最も差し迫ったトピックを研究し、議論してきました。それが一刻を争うものであろうと、技術的なものであろうと、基礎的なものであろうと、将来を見据えたものであろうと、私たちはそれらすべてをカバーしてきました。


そして誰もが、ラッピングしてあろうがなかろうがプレゼントを好むものです。そこで、2023年のL&Dに関するニュース、レポート、戦略をまとめました。



経済の不確実性を克服するためのタイムリーなキット


Degreedは、常に長期的な視野で挑んでいます。しかし、2023年の早い時期に、Degreedは予算の縮小がL&D部門に与える影響の大きさにすぐに気づきました。


世界中のL&D部門は、経済問題に迅速に対処する必要がありました。ラーニングチームのリーダーは大幅な予算削減に直面し、その多くは、不況下におけるラーニングの価値について経営層を説得しなければならないというストレスの多い立場に置かれていました。いつものように、より緊急に、ラーニングチームのリーダーはより少ない予算でより多くのことを成し遂げる必要があり、私たちはL&Dリーダーのための「不況下でも人材を確保する10の方法」サバイバルキットでその方法を示しました。




厳しいL&D予算で機能するための3つの必読書


景気後退の懸念はニュースから消えましたが、多くの組織のL&D部門は依然として厳しい状況に置かれています。2024年に向けた予算の削減が予想されるかもしれないので、私たちはリソースを提供しました。また、学習への投資を増やすべき理由をシニアリーダーに納得してもらうために、当社のソートリーダーが優れた記事を執筆しています。



Annee Bayeuxの記事で、学習指標を使用して、不況期こそが従業員のアップスキリングに投資する最適な時期であることを社内のリーダーに納得させる方法を紹介しています。



予算が厳しいときは、支出したものがその目的を達成しているかどうかを再確認するのが一番です。学習予算の監査に役立つよう、一般的なL&D関連の投資とその影響について、簡単で役立つスコアカードを作成しました。




Degreed社のJanice BurnsがHR.comに、人材に投資することが、逆にいかに強くなるかを証明する説得力のある調査結果を執筆しました。



混雑するラーニングテクノロジー市場をナビゲートするためのテクニカルガイド


L&Dプロフェッショナルとして、主な原動力は従業員の学習促進ですが、必ずしもそう単純ではありません。テクノロジーの進歩に伴い、L&Dプロフェッショナルが考慮し、ナビゲートしなければならないニュアンスも増えています。市場が混沌としているため、L&Dリーダーにはますます技術的なノウハウが求められます。


具体的には、経営層はL&D部門のリーダーに、より多くの問題を解決するよう求めており、そのためには多くの場合、さらなるテクノロジーが必要となります。L&D部門のリーダーは、コスト削減のためにテクノロジーを統合し、新たな学習問題に対処するために新しいテクノロジーを追加しています。その結果、ラーニングテクノロジーのエコシステムは、ギャップや情報の紛失など、混沌とした状態になってしまいます。


L&D部門のリーダーがこの問題に苦慮しているのを見て、私たちDegreedはすべてのラーニングテクノロジースタックを評価し、簡素化し、改善するための有用なリソースを作成しました。もし貴社のエコシステムが西部開拓時代のようで、どのように手をつけるべきか分からないのであれば、Degreedのホワイトペーパー「ラーニングテクノロジーのエコシステム構築」をご覧ください。




ラーニングエコシステムのトップコンテンツ


ほとんどの技術的なトピックと同様に、エコシステムについて学ぶことはたくさんあります。より深く理解していただくために、いくつかの記事やビデオをご紹介します。



自社のラーニングエコシステムの問題は何だろうか?いい質問ですね。このDegreedブログでは、最も一般的な成長に伴う痛みを分類しているので、試行錯誤することなく、適切なエコシステムの痛みを見つけて治療することができます。



私たちは、明確かつ率直に話す技術専門家が大好きです。DegreedのエコシステムインサイトシニアマネージャーであるDan Carlsonは、ラーニングエコシステムについてのこの説得力のあるウェビナーで彼の数十年の経験を共有しています。



「どちらかを選ばなければならない」という古い考え方は間違っています。貴社の最善の利益のために行動するテクノロジー企業は、貴社が最高のものを選択し、利用できるようにするために仲間を作ります。Degreed は今年初め、Workday、Eightfold、SAP からの代表者が LENS 2023 のセッションでパートナーシップについて話し合うために同席し、パートナーシップクーデターを起こしました。



貴社のラーニングエコシステムはどのようなものですか?多くの人は知らないでしょう。このDegreedブログでは、現在のラーニングエコシステムをマッピングするのに役立つエクササイズをご案内します。例えば、ベンダーのエコシステムが貴社のエコシステムの延長線上にあることをご存知でしたか?




従業員の学習方法を理解するための基本調査 


常に探求すべき技術的なトピックがある一方で、賢明なL&Dチームは一貫して学習の流れをみています。従業員がどのように学ぶことを好むかを常に把握しています。そして、新しいコンセプトやスキル開発戦略を常に取り入れています。つまり、基本を忘れないのです。


Degreedは、学習者の体験をDegreedプラットフォームの中心に考えることに誇りを持っています。これがHow the Workforce Learnsレポート、つまり従業員の学習方法に関する新鮮な洞察の収集、分析、提示に数百時間を隔年で費やしている理由です。


従業員が効果的に学習するために何が必要かを理解するには、当社の2023年版How the Workforce Learnsレポートをご覧ください。




従業員の学習方法に関するその他の洞察


How the Workforce Learnsレポートには、1つのレポートに収まらないほど多くの内容が含まれています。そこで、私たちの研究の背景、解説、ヒントを示す追加リソースをいくつかご紹介します。



Human Resources Director (HRD)の記事では、How the Workforce Learns 2023の調査結果に関するさらなる洞察を得るために、DegreedのChief Transformation OfficerであるJanice Burnsにインタビューしました。



私たちの調査結果を、どのように有意義な形で貴社組織に適用しますか?DegreedのStrategy and Advisory Solutions担当ディレクターであるSteve Boucherが、点と点を結ぶお手伝いをします。




スキルファーストの未来を勝ち抜くための先見的入門書


2023年には、タイムリーなトピック、技術的なトピック、基礎的なトピックを取り上げました。残るは未来です。私たちは常に未来について考え、その未来はスキルを中心に展開しています。世界経済フォーラムは、急速な技術革新が進む中、今後数年間で世界の企業は約10億人のアップスキリングが必要になると予測しています。


そのスキルギャップを埋める方法は?それは、従業員のスキル開発を早急に支援することです。もちろん、L&Dはスキル開発に必要な学習を従業員に提供するため、新しいスキルベースの経済において重要な役割を果たすでしょう。多くの点で、L&Dは、急速に近づく未来に向けて企業を準備することで、主導権を握ることができます。


スキルファーストの未来とL&Dが果たす役割について詳しくは、15分でわかる「Embrace the Skills-First Future」をご覧ください。




スキルファーストの未来を掘り下げる3つのリソース


スキルファーストの未来には、上記の15分でわかる入門書だけでは足りないかもしれません。このほかにも、準備のためにぜひ読んでおきたい情報ソースがいくつかあります。



Time Magazineの記事の中で、Mitra Kalita氏がDegreedのChief Learning StrategistであるAnnee Bayeuxにアップスキリングとリスキリングのアプローチについてインタビューしています。



スキルの話題になると、アカデミーの話題も上がってくるはずです。このBrandon Hallグループのウェビナーでは、専門家たちがアカデミーの効率的なスキル格差の解消、学習体験の簡素化と向上、従業員の参加、管理者の負担軽減について議論しています。



このDegreedブログは、従業員のアップスキリングとリスキリングのための一般的な、そしてその後効果のない戦略がどういうものかを明らかにしています。



振り返りの後は展望と革新 


2023年は激動の年でした。しかし、Degreedはこれまで以上に、L&Dがこの激動の、そしてエキサイティングな時期を乗り切るお手伝いをします。


  • 先行き不透明な経済状況など、一刻を争う問題が発生した場合、Degreedは貴社が耐え抜くためのリソースを提供することをお約束します。

  • L&Dの技術的な要素で行き詰っている方には、Degreedは技術的な問題を解決します。

  • 従業員の学習状況に関する基本的な情報が必要な場合は、Degreedは生のデータを提供します。

  • L&Dの将来を見通すのに助けが必要な場合は、Degreedのノウハウをお貸し、地平線上に何があるのかをご覧いただけます。



多くの点で、Degreedは、複雑な状況を把握し、それに応じてイノベーションを起こすことにおいて、この業界で最も優れた企業の1つです。2023年の課題と今後のスキルについて熟考した結果、Degreedは先見性と革新性を備えた製品プランを構築しました


2024年に向けて準備万端です!


 

By Hillary Gamblin, December 20, 2023

 


Comments


bottom of page